密閉式の外部濾過装置

エーハイム2217

120センチの水草水槽で小型熱帯魚をメインに飼育しています。フィルターはメインとしてエーハイムの2217を1台、そしてサブとしてフルーバルの303を1台接続しています。

水草水槽では二酸化炭素を添加していて、その二酸化炭素を外に逃がしたくないがために外部式の密閉式濾過システムを使うことが多いですが、どちらともその代表的な機種だと思います。しかし、どうもフルーバルの方がエアをかんでうるさくなってきました。

メンテナンスをしてもどうしてもしばらく経つとエアをかんでしまいます。構造的にエーハイムの方がシンプルなので、やはり静音性やメンテナンス性ではエーハイムの方が上回っていますね。

すでにどちらも5~6年使い続けているので、フルーバルの方は新しい機種に変更しても良い時期かもしれません。そんなわけで楽天市場の中で最近ではどんなフィルターが発売されているのか確認してみたのですが、色々なメーカーから密閉式濾過装置が売られていました。

しかし安心して買えるのは、やはりエーハイムという気がしてきます。昔はとても高かった、エーハイムの2260という機種が税込み、送料込みで3万5千円強で売られていました。通称ドラム缶といわれる機種で、濾過層の容積が18リットル分もありますので、120センチ水槽では余裕の能力を持っています。

この2260にはダブルタップが付いていなかったり、濾材も付いていなかったりするので、トータルで揃えようとすればもう少しお金がかかってしまいますが、やはり良い製品なので憧れてしまいます。

【2013/06/22追記】

この記事を書いてから10年近くが経過しました。現在はエーハイム クラシックフィルター2217とエーハイム プロフェッショナル3e 2078の二台構成で120cm水槽のろ過を行っています。どちらもとても音が静かで、強力にろ過を行ってくれています。120cm水槽は水の量が多いこともありますが、水槽の中の水質はとても安定しています。密閉式フィルターではエーハイムの商品はやはり優秀だと思います。

現在発売されているエーハイム2217は、50Hz地域用と60Hz地域用の二種類が発売されています。こちらが50Hz地域用の商品です。

こちらが、エーハイム クラシックフィルター 2217 60Hz地域用の商品です。

こちらは、エーハイム プロフェッショナル フィルター 3e 2078です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました