audio-technica AT-PL30 レコードプレーヤー

スマホ・タブレット・AV

 最近ではdvdとかcdとかのデジタル機器が全盛期になってしまって、アナログのLPレコードなどはめっきりと聞く機会が減ってしまいました。

 私自身、アナログのレコードプレーヤーは今でも持っているのですが、アンプにPHONO入力が無くなってしまい、昔売られていた普通のレコードプレーヤはそのままではつなげることが出来なくなってしまいました。

 また、プレーヤー自身の調子も今ひとつということもあり、レコードを引っ張り出してまで聴きたいという感じではありません。

 LPレコードには実は高音を強めに録音して、低音を弱めに録音するという仕組みが導入されていました。高音を強く録音して再生時には逆に高音を低くして聞けば、「サァー」というヒスノイズを低減することができます。

 また、低音を低めに録音すれば、LPレコード盤上で低音の振幅が小さくなり、その分だけ片面の収録時間を延ばすことができます。


 そんなわけで、昔のアンプには、「PHONO」という専用の入力端子があって、そこにプレーヤーからの接続ケーブルを接続すれば、元通りの音のバランスに戻してくれるPHONOイコライザーという部位を通って、アンプで増幅されて音が出てくる仕組みになっていました。

 ところが現在のアンプはPHONO端子が付いているアンプは少なくなってきています。従って、PHONOアンプを購入してそこにプレーヤーからの出力を接続し、PHONOアンプの出力をアンプのAUXなどの入力に接続するような形になります。
 こんな接続をするのを大変なので、最近では便利なアナログプレーヤーが発売されています。オーディオテクニカが発売している、AT-PL20というレコードプレーヤーです。このプレーヤーはPHONOアンプを内蔵しているのでそのまま普通のアンプに接続することができます。

 また、AMAZONで税込み送料込みで6590円という買いやすい値段なのでぜひ手元に1台は準備しておきたいなと思っています。

 とても使いやすくて良い商品だと思います。

コメント