ブラウン管型テレビを見直そう

スマホ・タブレット・AV

SONYブラウン管テレビTV

 最近は薄型テレビに人気が集中していますが、まだ今のところはブラウン型テレビの方が画質が良く、かつ価格も安いという記事がありました。32インチくらいまでのテレビであれば、私も今ならばブラウン管型テレビを購入すると思います。

 32インチを超えるサイズについては、ブラウン管型テレビは重量がとても重くなるので二の足を踏んでしまいます。部屋のレイアウトを変更するときもたいへんだったりするのは目に見えています。

 大型テレビでは、いくら値段が高くても画質が多少悪くても、やはり薄型テレビのほうが良いような気がします。今後も薄型テレビの値段はどんどん下がっていくのは明らかですので、まずはもう少し購入しやすい値段になるまでは待ちでしょうか。

「薄型」だけがテレビじゃない!! – [オーディオ・ビジュアル]All About Japan
「テレビ」といえば、”液晶テレビ”、”プラズマテレビ”、どっちにしようかな†? と言われるご時世ですが、従来のブラウン管テレビも魅力的な新製品が発売されています。
“安さ”と”高画質”では、液晶テレビやプラズマテレビと比較して、絶対に負けないブラウン管テレビを、この機会に是非見直しませんか?

【2013/08/08追記】

 この記事を書いたときには地上アナログ放送を見ることが前提でしたが、2011年には地上デジタル放送に移行しました。地上デジタルのフルハイビジョン映像で比較すると昔のブラウン管型テレビの画質ではまったく満足できなくなります。やはり、フルハイビジョンに対応した薄型液晶テレビで見ると、本当に綺麗です。

 さらに現在では4Kと言われる、解像度が16倍になるテレビも実用化をめがけて各家電メーカーが開発を進めています。どこまでテレビの画像が綺麗になるのか気になるところです。

コメント