ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏

テレビ番組・ドラマ

ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX

 日本テレビ系列で2004年7月7日から9月15日まで毎週水曜日に放送されていた「ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏」が最終回を迎えました。以前、家庭を捨てて一級建築士として一人で生きる決意をした女性(平木明日香;天海祐希))が余命3ヶ月を宣告されて、余命のことは誰にも離さずに娘(小田歩;福田麻由子)と過ごす最後の夏を精一杯に生きていく物語です。

 明日香は歩が小さいときに育児ノイローゼとなり、歩を残して家出をしました。そして歩が3歳の時に離婚しています。

 一方、平木明日香の元夫(小田聡)の再婚相手百瀬有里(永作博美)は歩からは有里お姉ちゃんと呼ばれています。新しい母親として歩と仲良くしたいと思っていますが、明日香と歩を引き合わせることにも努力します。

 最終回では、有里(永作博美)が明日香(天海祐希)を殴ったとき、明日香が「あなた、グーで殴った?」というあたり、とても自然な演出でたし、何といっても、「歩ちゃん」の表情やセリフ、迫真に迫った演技には驚かされました。

 最後はかなしい終わり方をするのかと思えば、海でみんなで楽しそうに夜を明かすシーンで安心しました。感動的なドラマでした。

 主題歌は槇原敬之の「僕が一番欲しかったもの」です。

僕が一番欲しかったもの
ユニバーサル ミュージック (e)
¥3,555(2020/12/09 01:35時点)
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント