庭が出来てきた

コニファー

 先日から色々いじってきたリビングの前にある、南側に面した部分の庭ですが、やっと完成に近づいてきました。庭といっても狭いのですが、土がむき出しだったときと比べると、とっても見栄えが良くなったような気がします。

 結局、レンガのブロックを使って、花壇の区域を明確に区切って、その中に色々な庭木や果樹、そしてその根元には花の種をたくさん蒔きました。

 また、土については、近くのホームセンターから培養土を200リットル分くらい買ってきて、どちらかというと粘土質の水はけの悪い庭土の改良を試みました。栄養分としては、これまた大袋が安かった「牛糞」を買ってきて、よく土と混ぜ合わせました。

 庭木はコニファーがメインで、その幼木を8本、そして果樹の幼木を8本、花の種は1年草や多年草の色々な種がミックスされたものを2袋分まいてみました。あとは、遊びホームタマネギの球根、パセリの種も植えてあります。種のほうは、もう芽が出てきています。これからどんな調子で成長してくれるか楽しみです。

 一方、花壇の外については、芝生を植えました。これもホームセンターで、姫高麗芝のカットが半坪分で300円弱という値段で売られているのを見つけて、「これは人工芝より安い」という安易な理由で買って帰ってきました。

 アルカリ性の土質にしたほうが良いようだったので、石灰を買ってきて弱酸性の庭土を中和しつつ、こちらも牛糞や培養土で土質を改善してから芝生を上にひいていきました。

 また、目の細かい園芸用土を隙間の部分にまいていって、目土として使いました。芝生用の目土は高いので、これで十分かと思います。芝生のほうも、このさきの成長が楽しみです。早く、「柴刈り」のことを心配しなければいけないような状況になれば良いのですが・・・。

 南側の庭ができたので、今度は玄関まで続く私道の両側について、何か庭木や花を植えていきたいと思います。丈夫な多年草を植えてしまうのが良いかな?と思っています。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント