東京メトロ 地下鉄で無線LANサービスを開始

地下鉄-東京メトロ副都心線

 東京メトロは各地下鉄駅のホームやコンコースなどで使える無線LANサービスを提供するという記事を見つけました。20日のサービス開始時には大手町や霞ヶ関駅など多くの地下鉄が乗り入れる駅でスタートして、12月を目処に東京メトロの165駅で利用できるようにするようです。

 このサービスに使われるサービスはNTTドコモで提供する「MZONE」というサービスです。料金プランとしては2種類あって、一つは日額プラン、使ったときだけ1日あたり500円払うという仕組みです。このお金を払った日には500円で使い放題となるようです。

 もう一つのサービスは月額プランで2000円を払うと1ヶ月間、使い放題となるサービスです。値段を見るとちょっと高いですね。

 一方、使用することができるエリアは、ドコモショップの近辺やホテルの中など、東京では177件がヒットしました。これに地下鉄の駅165駅で使えるようになれば300カ所以上で使えるようになり、かなり利用しやすくなるような気はします。

 BフレッツやフレッツADSLなど、NTT系列のサービスの提供を受けている人が安く加入できるような仕組みが出来ると加入者が爆発的に増えるような気もしますが、NTT東西自身も自分でモバイルアクセスサービスを展開しているので、相互に手を組まない限り、このようなサービスは実現しないのでしょう。

MSN-Mainichi INTERACTIVE ネットワーク
地下鉄構内で無線LANを使った高速データ通信サービスを開始する。ホーム、コンコースどこでもアクセス可能で、休憩や乗り換えのちょっとした時間に利用できるようになる。複数の地下鉄が乗り入れる大手町駅や霞ケ関駅などでスタートする。

コメント