LAOXが投資会社の傘下に

日記・ショッピング

秋葉原

 家電量販店のラオックスは、最近は赤字が続き経営の不振が伝えられていましたが、今後は投資会社の傘下に入って、資金と経営ノウハウを得ながら、会社の再建を進めることになったそうです。ラオックスといえば、まだ子供の頃から買い物をしていて愛着がある家電店です。

 だいたい、大きな買い物をするときにはラオックスで買い物をしてきました。まだ出始めのCDプレーヤーをバイトでお金を貯めて買ったのもラオックスでした。ソニーのCDP101という機種でしたが、当時15万円の値段だったと思います。また、今となっては普通のリモコンが当時は別売りで1万円もしました。

 また最近では昨年末にまだ出始めのPSXを7万円くらいで購入したのもこのラオックスでした。

 色々思いでもあるので、ぜひこれを機に今後は成長していってほしいと思います。

!ニュース – コンピュータ – ITmediaニュース
 ラオックスは10月29日、投資会社・MKSパートナーズの傘下に入ると発表した。家電量販店間の競争が激化する中、ラオックスは赤字が続いており、投資会社の資金と経営ノウハウを得て再建を進める。

【2013/08/12追記】

 こちらがラオックスの公式サイトです。

 ☆Laox株式会社

 2009年8月に中国最大手の家電量販店チェーンである「蘇寧電器」のグループ会社となりました。羅怡文社長の方針により、ラオックスは中国人観光客向けの免税店として再建を図っているようです。

 昔のようなラオックスではなくなってしまいました。

Related posts

コメント