Windows Media Player 10 日本語版 リリース

秋葉原

 WINDOWS MEDIA PLAYERのバージョン10については正式リリース前からフライングでダウンロードできていましたが、マイクロソフトから正式にダウンロードができるようになりました。私自身はフライングでダウンロードし、一部のパソコンにインストールしていましたが、特に問題は発生していないようです。

 逆にWINDOWS MEDIA PLAYERを使用する機会もあまり無いのであまり良くなった点について判っていませんが、唯一、すぐに気がついたことは動作が機敏になった点です。特に立ち上げから演奏開始までにかかる時間が劇的に早くなったような気がします。


 下記の記事を見ると、対応のポータブルMP3プレーヤーを接続すると、自動で両方のフォルダーの同期をとってくれる機能が追加されたようです。この機能はとても便利な気がします。今度、試してみようと思います。

窓の杜 – 【NEWS】マイクロソフト、「Windows Media Player 10」の日本語版を正式リリース
 マイクロソフト(株)は20日、同社製メディアプレイヤーの最新版である「Windows Media Player 10」(以下、WMP 10)の日本語版を正式リリースした。Windows XP専用のフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。

【2013/07/14追記】

 iPhoneを常用していることもあり、パソコンで音楽や動画を見るときには、アップル社のiTunesを常に使っています。Windowsをバージョンアップするたびに、Windows Media Playerもバージョンが上がっていますが、ほとんど使ったことが無いため、どんな便利機能が追加されてきているのか良くわかりません。ただ、iTunesの機能で必要にして十分なので、今の所は特に困っていません。

コメント