【閉店】レイクワン 武蔵境にオープンした熱帯魚屋さん(アクアショップ)

シェアする

武蔵境駅の南側、三鷹市の井口に新しい熱帯魚屋さんがオープンしたという新聞折り込みチラシが入っていたので、行ってきました。

場所は武蔵境駅から見てずっと南側、かえで通りという大通りをずっと南方向に行って左手にリンガーハットがある交差点を過ぎてちょっといったところの左手側にあります。

この三鷹市や武蔵野市周辺は熱帯魚屋さんが少ないような気がしています。今回紹介するレイクワンの近くにあるJマートというホームセンターでも熱帯魚を扱っていますが、やはりホームセンターの熱帯魚コーナーという感じは否めません。練馬区まで行けばペンギンビレッジ、小平市まで行けばトロピランド、調布市まで行けばPSオスカーなどがありますが、ちょっとどこも遠かったりして不便だと思っていました。

このレイクワン、チラシによると店内約30坪、水槽本数200本以上ということだったので、結構大きな熱帯魚屋なのかなと思って行ってみると、意外と道路側の間口は狭いので、「オヤッ」と思いつつ店の中に入ってみると、奥はL字型になっていて、意外と広いお店でした。

何か良い魚はいないかなと思いつつ、店内の水槽をじっくりと見て回りました。オープンしたてにもかかわらず、白濁しているような水槽も無く管理状態は良いようです。また、調整中の魚についてはきちんとその旨を掲示して売らないようにしていたのも本来は当然のことですが、安心できる配慮だと思いました。

前々から貝が増えてきていて嫌だったので、クラウンローチを買いたいと思っていたのですが、状態の良さそうな小さなクラウンローチが350円だったので買って帰ってきました。

比較的近くに熱帯魚屋ができて本当に良かったです。また、ちょくちょく行こうと思います。

三鷹市井口2-13-37
レイクワン 0422-32-0019

(2006/05/28追記)

レイクワンでは水草も各種を扱っています。水草にはあまり目を向けていなかったのですが、よくよく見てみると、色々な種類の水草を扱っています。値段もリーズナブルで、1本だと100円前後、3本だと250円といった感じで値札が付いていました。最近、みどぼんで沢山の二酸化炭素を添加していることもあって、120cm水槽の水草の調子も良い感じになってきているので、この機会に水草を買ってみることにしました。ウオーターパコパ、アマゾンソードプラント、ロタラインディカ、ツーテンプルなどなど数本ずつ購入して、全部で1500円くらいでした。とても安いような気がします。

家に持ち帰って水草を観察してみると、コケが付いているわけでもなく、よく成長しているような感じです。トリートメントを特にするわけでもなく水槽の中に植えてみると、夜には酸素の泡を付けてくれていました。調子が良いようです。また、レイクワンで水草を購入してみようと思います。

【2011/12/10追記】

今日、お店の前の道「かえで通り」を通る機会があったのですが、残念ながらお店が無くなってしまっていました。テナント募集の案内が出ています。廃業してしまったのでしょうか。貴重なお店であっただけに残念です。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク