玄箱(KURO-BOX)を購入

コンピューター

玄箱の本

 楽天アフィリエイトでもらった成果報酬があまっていました。しかも、この1月から2月は楽天市場のポンカンキャンペーンで「あがり」を達成しているため、2月までの楽天市場での買い物にたいして、ポイントがもれなく6%が付きます。

 通常1%しかポイントがつかないのに対して、大きな成果ポイントです。したがって、楽天スーパーポイントも2月28日までに使ってしまったほうが良かったので、何を購入するか、楽天市場でいろいろ商品選びをしました。

 最近では、物欲も減ってきたためか、あまり欲しいものがありませんので、いざ、何でも買えると思うと困ってしまいます。

 まずは楽天ランキングでどんなものがよく売れているのか調べてみましたが、あまり興味をそそるものがありません。雑誌などにも目を通していると、突然、玄人志向の玄箱が目に留まりました。

 この製品はバッファローが出している、ネットワーク接続型ハードディスク(NAS)の中から、ハードディスク本体を取り出しただけの商品なのですが、実はモトローラのCPUが搭載されていたり、メモリが搭載されていたり、実はハードディスクケースの格好をしたパソコンだったりします。

 OSもLinuxが搭載されていて、かなり自在に操ることが可能です。玄箱を使って自宅サーバーを外部へ公開している人もいます。

 発売当初はかなりの品不足に陥って、あまり商品を目にすることすらなかったのですが、最近になって、1000BASEを搭載しCPUの能力もアップしたハイグレードモデルが投入されたこともあって、流通が改善されてきています。

 楽天市場で商品を探してみると、いくつかのお店に商品の在庫がありました。ハイグレードモデルを買うかどうするか少し悩んだのですが、ハイグレードモデルは2万円近くの値段がして、バッファローの純正品と比べても、あまりお得感が無いので、今回は標準モデルを購入することにしました。1万3千円程度です。

 また、大容量のハードディスクも手持ちが無かったので、SEAGATE社製の160GBハードディスクを購入しました。本当は100BASEへの接続だとそんなにスピードも出ないので、消費電力や発熱も少ない5400rpmの製品が欲しかったのですが、160GBのモデルではそんな回転数のモデルは無いのでしょうか。

 7200rpmの製品しか見つけられませんでした。以前は1万円以上していましたが、8000円弱で購入できてしまいました。玄箱とあわせても2万円少しなので、160GBのNASとしては、まずまずの値段ではないでしょうか。

 商品は数日で届くかと思いますので、また届いた後にレポートを追加したいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント