NTTドコモがPHS事業から撤退

NTT docomo

 既に日本経済新聞等では少し前から報じられていましたが、NTTドコモがPHS事業から撤退します。新規の申し込みを4月30日を持って中止し、将来的には顧客の利用状況を見ながらサービスを終了すると発表しています。

 私の身の回りには、2つのPHS契約があります。

 一つは、妻が携帯電話として使っているPHS、そしてもう一つは私がデータ通信に使っているP-inです。

 前者の妻が使っているPHSですが、こちらは月額1000円までの通話料を込みで1980円というサービスを使っていて、ほとんど、この料金内に収まってしまっています。

 このまま、携帯電話に移行すると、毎月支払う料金がそのまま上がってしまうのが嫌で、PHSを使用し続けていました。

 もう一つのP-inについては、今となってはFORMAのカバー範囲が増えてきたので、無理をしてPHSを使い続ける必要は今となってはありません。こちらは解約をして乗換えをする方向で考えて見ます。

 さすがに今となってはPHSは時代遅れ感が否めません。今回のNTTドコモの経営判断は致し方ないことだと思います。あとは、現在のPHSユーザーが困らないように、きちんと移行先を紹介して対応していくことが大事なことだと思います。

NTTドコモがPHSから撤退する理由とは?

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント