ブログがきっかけでストーカー被害

blog-trackback-花

 読売新聞でちょっと怖い記事がありました。ブログに自分の顔写真を掲載して、良く行く町の話題などをブログに書いていたところ、ストーカー被害にあってしまった人がいるという記事です。

 ホームページでサイトを開設するのはそれなりに難しくて、各種の入門書などを読みながら進める必要があって、それなりにネットの怖さなどを勉強する機会があったと思います。

 しかし、ブログは開設が非常に簡単ですぐに始められてしまう反面、ついつい、個人が特定できてしまうような情報まで掲載してしまって、このような事件も起こりやすいのだと思います。

 事故が起こってからでは遅いので、ブログのサービスを提供する各社は初心者向きの開設を充実させる必要があるのでしょう。

 別のニュース記事ではYahoo!ブログで既に10万件のブログが開設されたという情報がありました。日本全体では100万件ものブログが開設されているようです。

 まだ、日本におけるブログの位置づけは、ホームページの延長、日記的な色合いが強いように思いますが、だんだん社長ブログや商品紹介ブログなどの形でブログの使用用途の多様化が見え始めています。

 これから先、どんな形でブログは進化していくのでしょうか。

大流行「ブログ」でストーカーに狙われる : @Money : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大流行「ブログ」でストーカーに狙われる

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
ブログ・WORDPRESS
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. K-yan'sMIDIRoom別館 より:

    自分はどう思われているのだろう その2

    ストーカーと言う言葉を知らない方はおそらくいないと思います.具体的にどのような行為がストーカーになるのかということは例えば次のページなんかを見れば書いてあ…