大学の同窓会とネットワークの活用

東海大学

 私が卒業した大学は、特に同窓会会費などを請求してくるわけでもないのですが、よく、学校誌などを自宅まで郵送してくれています。

 卒業生をきちんと学校につなぎとめておくことは、在校生の就職先探しや民と学の共同研究の推進など、色々な意味で大学のメリットもあるのでしょうか。

 それにしても、大学にしてみては、毎年毎年、卒業生の数は増えるばかりなので、卒業生に各種のサービスを提供していくことは、財務的にも手間から見てもとても大変なことなのだと思います。

 そんな中で、大学から在校生や卒業生をつなぐ輪として、システムを提供するというお知らせがありました。

 学校の情報誌とともに個人のIDとパスワードが送られてきて、これをもとにシステムにログインすると、生涯メールアドレスをもらえたり、またキーワード検索で色々な人へアクセスできたりといったシステムになっているようです。

 登録をする中で、名前を公開するか否かという選択肢がありました。公開をしないと、登録することに伴う意味も半減してしまうのかなと思い、今回は「公開」を選択してみました。

 具体的にどんなサービスが提供されていくのかが、利用者をつなぎとめる鍵になると思いますので、今後、どんな形で発展していくか興味のあるところです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント