ウイルスバスターによる被害

マスク

 新聞会社、JR東日本などでパソコンが使えなくなるトラブルが発生していましたが、原因はトレンドマイクロ社のウイルスバスターだということがわかりました。

 トレンドマイクロ社の公式サイトの掲示によると、今日の朝7時30分ごろに公開したパターンファイルに更新されるとパソコンのCPU使用率が100%になってしまうというトラブルだったようです。その後、11時に修正版のパターンファイルを公開し始めて、事態が収束の方向に向かったようです。

 それにしても、これはひどい話しです。きちんとパターンファイルのテストをしてから公開しているのでしょうか?

 きっとソフトウエアの使用約款にはトレンドマイクロ社の責任の範囲に関する記述があるのだと思いますが、あまりにもずさんな管理形態のままでパターンファイルが公開されてしまったのだとすると、問題があるように思えます。

 公式サイトを見ても、

「xxによりコンピュータのCPUが100%になる現象に関して」という題名で今回の事態を掲示しており、ちょっと責任感にかける題名だと思います。これだけ多くの企業に業務上の影響を与えたのですから、もう少し、誠意のある対応をすべきではないのかなと思いながら掲示の内容を読んでいました。

 本来はパソコンを守るはずのウイルス対策ソフトが逆にパソコンを攻撃してしまいました。ウイルス対策ソフトは今やほとんどのパソコンに導入されています。今日は土曜日の早朝ということで、被害は最小限に食い止められたのだと思いますが、これが月曜日の昼間だったとすると、その被害は甚大だったと思います。

 今後、トレンドマイクロ社がどのような再発防止策を講じていくのか、非常に気になるところです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
コンピューター
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. CPU使用率100%@トレンドマイクロ ウイルスバスター

    先程までパソコンの調子が物凄げぇーーーー悪く、何が原因なんだゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!朝から怒り奮闘のふぃ~ご{/face_ikari/}
    W…

  2. 星を見る人 より:

    トレンドマイクロの「ウイルスバスター」に不具合 全国のシステムに障害

    トレンドマイクロの執行役員 日本代表 大三川彰彦氏
    トレンドマイクロ社「ウイルスバスター」の
    4月23日のウイルスパターンファイルに不具合があり
    ・ウ…

  3. ローン返済日記 より:

    ウイルスバスター不具合

    23日の朝、パソコンを立ち上げると動作が著しく遅い!(CPU使用率100%)
    ウイルスかと思いウイルスチェック、再起動等をしてみたが、いっこうに直る兆しが見ら…