東京から大阪への移動手段(その2)

 色々考えていた東京から大阪への往路の移動手段ですが、結局は新幹線を使って移動することに落ち着きました。

 そして指定券をとろうと思い、えきねっとへアクセスしてみると、ほとんどの座席が売り切れ。それは当たり前ですよね。

 ゴールデンウイーク初日のチケットですから、4日前にまだ残っている列車が少数ながらあることの方が不思議です。

 午後出発する「ひかり」号に空席があったので、人数分予約をしておきました。後日、みどりの窓口に予約時に使ったクレジットカードを持って出かければ、切符を発券してもらえます。

 昔だったら1ヶ月前の同日にみどりの窓口で延々と待たされて指定券をとっていましたが、家にいながらにして指定券がとってしまえるようになるなんて、本当に便利になったものです。

 午前の便ももしかすると、キャンセル料率が変わる直前のタイミングで、旅行代理店などが抑えていた分が放出されるかもしれませんので、今日と明日くらいは、空席情報を頻繁に確認して、可能であれば午前便に変更しようと思います。

 帰りは、夜行バスを使います。子供と一緒に乗るのですが、いったいどうなることやら・・・。

(2006/04/21追記)

 楽天トラベルでは高速バスの予約を行っています。下記のバナーからどうぞ。

楽天トラベル 高速バス予約

(2007/04/15追記)

 夜行バス以外に東京から大阪まで移動する方法としてJR東海ツアーズが発売している「ぷらっとこだま」という商品があるそうです。この切符ではこだまにしか乗ることが出来ませんが、それでもバスに乗るよりは断然早く移動することができます。(切符というのは本当は間違えのようでツアーの券を一般者向けにバラ売りしているイメージの切符のようです)

 しかも片道の代金は1万円程度と言うことで値段もとってもお得です。この商品は前日までにJR東海ツアーズの窓口に行くかWEBで申し込みをしなければいけないことが最大の注意のようです。(WEB申し込みの場合は5日前まで)

 下記のJR東海ツアーズのサイトに詳しい説明が載っていました。

 ★東京・品川発|ぷらっとこだまプラン|JR東海ツアーズ

 下記の注意書きがありました。

【ぷらっとこだまエコノミープランお申込みの際のご注意】

※ 指定されたこだま号のみ利用可/ご利用できるこだま号の列車と区間は限定されております。

※ 乗車変更不可/予約後の変更、日程及び時間の変更の場合は取消の扱いとなります。変更及び取消の場合、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって10日目より手数料がかかります。尚、変更、及び取消はお買い求めの支店・営業所の営業時間内のみ承ります。

※ 自由席利用不可/指定された列車の座席に限り有効となります。また他の列車の自由席もご利用なれません。

※ 途中乗降不可/乗降できる駅は券面記載された駅のみとなります。券面記載駅以外で乗降する場合、別途出発地からの乗車券、特急券が必要となります。この場合ぷらっとこだまエコノミープランの払い戻しはありません。

※ 利用改札口限定/ご利用できる改札口は、指定されたJR東海の新幹線専用改札口に限ります。別途案内書をご確認ください。

※ ご利用の前日までにお買い求めください。当日の受付はできません。

 下記のサイトにこの切符を使用した人のレポートがありました。

 ★おもしろコミュニティ 縁count ~なるほど大学~|【裏技学部】東京ー大阪間の新幹線代を安くする方法

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント