都立狭山・境緑道「多摩湖自転車歩行者道」

日記・ショッピング

多摩湖自転車道

武蔵境駅の北側から多摩湖に至るまでの10.5Kmにわたって続く道がこの都立狭山・境緑道です。多摩湖自転車道路も併設されており、たくさんの散歩をする人、そしてサイクリングをする人で賑わっています。武蔵野市、西東京市、小平市、東村山市、東大和市にまたがる道路です。

起点は井の頭通りと五日市街道の交差点、西東京市新町です。

多摩湖から境浄水場までの間、水を導いている水道管の上を緑道として整備しているそうです。


都立狭山・境緑道の中で、ちょっと気になる場所の一つです。右手に見えるところは築堤のようになっていて一段高くなっており、その上は歩行者のみが歩けるようになっています。

自転車は走行禁止です。自転車はその下の部分を走るようになっています。ここは谷のようになっているのですが、自転車で走ると一旦坂を下って、築堤の下を走って、また坂を上がらなければいけないので面倒です。

どうせだったら、築堤をもっと広くして自転車も通してくれれば良いのにと思うのですが、多分、この築堤は人が歩くために作った築堤ではなくて、中には水道管が隠してあるので、最低限、水道管を埋めるだけの大きさにすれば良かったのでしょう。花小金井駅の手前にあります。

この道は河川敷のサイクリングロードと比較すると、住宅地の中を貫いていくので、景色に大きな変化があります。また、公園や東屋、ベンチ、トイレなどが設置されていますので、休憩しながら散歩やサイクリングをすることができます。

Related posts

コメント