水出し珈琲

アイスコーヒーはお湯から作るとたいへんなのですが、水出し珈琲の道具を使うと簡単にできてしまうようです。

水出しコーヒー

今は一杯19円のブルックスのアイスコーヒーを使っていたりするのですが、そろそろなくなってしまいそうなので水出しコーヒーの道具を買ってみようと思います。

価格もさほどはらないので購入しやすいのが魅力です。

(2005年8月14日追記)

水出しコーヒーを作って飲んでみました。まずは水出しコーヒーの道具を購入したお店で一緒に購入した、水出しコーヒーに向いているというちょっと高級なコーヒー豆です。熱湯で抽出したアイスコーヒーと比べると確かにマイルドな味がします。

苦みなどが少なめでコーヒーっぽさが少ないような感じもしましたが、とても飲みやすいという印象でした。

一回でコーヒー豆を結構使うので、高級な豆をいつまでも使っているわけにもいきません。そこで今度は激安の豆で水出し珈琲を作ってみました。

近くの肉のハナマサというお店で1キログラムあたり530円という値段で特売をしていたアイスコーヒー用の豆を購入してきました。そして、同じように水出し珈琲を抽出してみると、今度は苦みもそれなりに出ています。

アイスコーヒー用の豆だったせいもあるのでしょう。こちらの方が少しおいしいような気もしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました