熱海

旅行・ドライブ

富士駅から熱海駅まではJR西日本の東海道線に乗ってきました。

沼津駅までは3両編成で超満員、しかも冷房の効きが悪い上に、一部の駅では10分とか5分とか停車して、そのたびに社内にはモワッとした熱気が社内に吹き込んできます。

JR東海は新幹線には力を入れているものの、在来線に対するサービスは最悪ですね。長時間、電車を駅に止めるときには、小田急線などがやっているように一部のドア以外を閉めてくれるだけでも、電車の車内は快適になります。

また省エネ効果ものぞめますので実施した方が良いのではないでしょうか。車両の対応等が必要だとは思いますが、何とかなるのでは・・・。

そんなJR東海のサービスに嫌気がさしながら付いた熱海駅ですが、ここからはJR東日本の管轄になります。

ここからは車両の編成も16両とか10両といったものが一般的になり、かつ長時間停車もほとんどありません。とても快適です。

さらなる快適感を求めるために、ホームで普通列車用自由席グリーン券を購入しました。たった750円の出費ですが、これで子供が喜ぶ2階建て車両に乗ることができます。

【2017年5月7日追記】

熱海に関する情報を調べていると、100万円で熱海のリゾートマンションの一室を購入するとどうなるか?という記事がありました。

ニートが熱海に別荘を買った話(前編)【リバイバル連載】|移動時間が好きだ|pha
本連載をまとめた『ひきこもらない』書籍化記念! 毎日更新で連載リバイバルです。 「100万円で熱海に別荘が買えるので買おうぜ」とSが言った。  僕とSとHは京都で大学生をやっていた頃によく集まっていた仲間だ。大学を出てからもときどき会っていて、その日は新宿あたりで3人で酒を飲んでいた。 &ems...

この記事を見ると、購入費以外に管理費や温泉費用、光熱費などで、毎月3万円程度が必要だと書かれていました。しかも、大規模修繕が必要になると、臨時の費用も発生します。

初期購入費用がたとえ安かったとしても、別荘を持つのは庶民にとっては大変なことだと改めて理解しました。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
シェアする
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント