横川駅の「峠の釜めし」

旅行・ドライブ

峠の釜飯

峠の釜飯です。鉄道文化村でさんざん子供たちにつきあったあげくに、やっと「釜めし」にありつけました。

横川に通りかかったときにはいつもは釜めし屋さんでお土産に買って帰るのですが、今日は横川駅の構内売店の前にあるテーブルで食べました。

この売店、釜めししか無いのかと思いきや、実は「そば」と「」も扱っています。かけそばは300円、たまごかけうどんが350円という感じの値段でした。

「釜めし」はどこで買っても同じ価格の900円です。


横川駅で食べたせいかもしれませんが、やっぱり峠の釜めしはおいしいですね。

私自身は炊き込みご飯などはほとんど食べないのですが、この峠の釜飯は癖のない味で、どんどん食べることができます。

上の子は一緒に釜飯を食べて、下の子供は、うどんを食べました。ゆっくりと食べていると、列車が入線してきたので、急いで食べ終えた後に、列車に乗り込みました。

横川駅を出発するときは、列車はガラガラでした。何となく寂しかったですが、仕方がないのでしょうか。

【2020/02/12追記】
釜めしを食べた後の容器、持ち帰る人も多いのではないかと思います。現在では出来るだけ軽くなるように作られているので、その分、強度が減ってしまっていますが、それでも自宅で炊飯に使っているという話しも時々聞きます。
この容器、火にかける前に土鍋についた水分をよく乾かすこと、そして強火にはかけないで、じっくりと弱火で炊くのが容器を長持ちさせる秘訣だそうです。
しかし、おぎのやによれば、4回から5回程度しか使えないのではないかとしており、あまり長期間の使用には耐えないかもしれません。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント