日本最初の地下鉄電車

 館内に入ってすぐのところにある銀座線の車両を外から撮影しました。日本最初の地下鉄電車という説明がありました。

 ちょっと見ただけでは、最近まで銀座線に走っていた旧型の車両と似たようなものでは無いか?という感じもしましたが、よくよく見ると、全く違う感じでデザインも昭和初期の雰囲気が漂い非常にレトロな感じです。このレトロな感じがとてもいいですね。

 車内にも入ることができるのですが、こちらも現在の車両とは全く違って暖かみがあります。どちらかというと最近の車両はアルミなどの金属色をいかしていてシャープなものの、ちょっと冷たい感じがします。

 また、最近の車両はデザインもだんだんと画一的になってきてしまっていて、路線別に塗り分けられた帯の部分だけが違うようにも見えてしまいます。

 車体を軽量化して大量生産をして、そして1台あたりの製造コストを削減していくと、みんな今走っている列車のような感じになってしまうのでしょうか。

 今でもこのような旧型の車両がイベント用の列車としてこれと同じ編成を一つ準備しておけば色々と使い道があると思うのですがいかがでしょう・・。

コメント