不動産広告の不思議

不動産

 新聞に挟まってくる不動産のチラシを見ていると不思議なことがあります。

 たとえば、チラシの表には、

 「隣のxx市にお住まいのお医者様の4人家族が△△町の近辺で100平米程度の土地を探しています。売却ご希望の方はお気軽にご連絡ください」

などと書いてあるにもかかわらず、裏面にはどうみてもその条件に一致するような土地の売却広告が載っていたりします。

 この手の文章に出てくる土地や物件を探している人は、売買をしてもいかにもトラブルが少なさそうな感じの人が並ぶことが多いようにも思います。

 表面と裏面の矛盾やその条件などを見ると、

 「土地を探している人がいる」

というのは、その不動産会社が自社で専売できる物件を優先的に確保するための手段で、眉唾なのではないかと思ったのですが、いかがなものなのでしょう。

コメント