MovableTypeの公式サイトで不具合情報のリリース

mt4-movabletype

私のサイトではMovableTypeというブログソフトにお世話になっています。このソフト、ブログのデファクトスタンダードともいえるソフトで、レンタルサーバーなどにインストールするタイプのブログソフトとしてはもっとも多く使われているのではないでしょうか。商用使用では有償になりますが、個人使用である条件を満たせば無償で使用できるところもうれしい配慮です。


そんなMovableTypeが最近バージョン3.2にアップデートされました。そしてこのブログでもアップデートをしてみたのですが、なぜかエントリーの再構築時に時間がかかりすぎて、サーバー側からタイムアウトで再構築のプロセスが異常終了してしまうというトラブルが起こりました。

発生したときは何かインストールする上で問題があったのかと、随分、インストールのプロセスを確認し直しながら何度もやり直してみました。しかしいっこうに事態は改善しません。

そこで、アップグレードはあきらめて、バックアップしておいたファイルをレンタルサーバーに送り直すことで、現在はダウングレードをして使用しています。

原因はネットで調べると情報があったのですぐにわかったのですが、MovableTypeに問題があったようです。このほど、MovableTypeを販売しているSixApart社からも公式に発表がありました。

不具合の種類は3種類のようです。
—————–
去る9月29日より出荷を開始しました、「Movable Type 3.2日本語版」について、Berkeley DBをご利用のお客様で、以下の現象を確認いたしましたので、ご案内いたします。
コメントの受信時に、MTEntryNext などのナビゲートリンクが消えてしまう。
再構築時におけるメモリー使用量の増加により、再構築できない現象が発生する可能性がある。
recently_commented_onの処理により、パフォーマンスが低下する可能性がある。
————————
すでに修正版の準備も始まっているということですので、これが配布されるのも近いと思われます。この修正版が出て、またネット上の評判を確認した上で、このサイトのアップグレードを実施してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました