@niftyフォンで使っていたNTTのVOIPアダプタを返却

インターネット

VOIPアダプター

 今まで、@niftyが提供している`niftyフォンCというIP電話を長い間使用してきたのですが、先日、ひかり電話に乗り換えました。


 @niftyフォンCを使用していれば、同じIP電話網に加入している人同士の通話は無料になるという特典があるのですが、身の回りに同じIP電話網に加入している人がいないこと、および、050で始まる電話番号というのがやっぱり特殊な感じがして、あまり積極的に使用してこなかったため、結局は発信のときにはIP電話を頻繁に使うものの、着信のときには加入電話網を使っていました。

 電話をかけた相手の着信履歴には見知らぬ「050」の番号が残るために、驚いている人も中にはいました。ひかり電話にすると今まで加入電話網で使用していたときの電話番号をそのまま使えたり、電話番号を追加するときも、1つの電話番号あたり100円/月で追加できるなどメリットがいくつかあります。

 この@niftyフォンCを使用しているときはNTT東日本からVOIPアダプタという機器を借用していました。

 この機種はルーターの後段に設置する機種で、IP電話のサーバーにログインしてIP電話ができるようにするための機能に特化している機種です。これ以外には、ルーターとIP電話対応機器が一緒になったタイプの製品などもありました。しかし、ルーターについてはお気に入りのLinksys社のBEFSR41C-JPという機種を使用しているので、VOIPアダプタを借用したという経緯です。

 返却にあたっては、116番に電話をして、VOIPアダプタを返却したいことを告げれば、返却するために必要な返送用のキット一式を自宅まで送付してくれます。これで梱包して返送すれば、レンタル料はかからなくなるはずです。

(11月5日追記)

 11月3日に返送用のキットが届きました。そして11月5日にはVOIPアダプタを返送しました。返送をしてから気がついたのですが、設定内容の初期化を忘れたような気がします。NTT側でもリフレッシュして次の利用者に提供する際に設定内容の初期化は実施するような気がしますが、設定値が漏れてしまうのがいやなので、@NIFTYでパスワードの変更をしておきました。

Related posts

コメント

  1. トラックバックをつけてくださったようで・・・。
    私は従来のISDN電話を同じ番号でひかり電話に乗り換えました。
    さらにISDNでもう一つ持っていた番号は、アナログ電話回線にしました。
    ニフティフォンCのIP電話はそのまま保持しております。
    固定電話の番号を3つ持ってるってぜいたくかな。

  2. 臨機応変?管理人 より:

    3つも電話番号を持っているというのは凄いですね。昔と比べると、固定電話の電話番号を追加するのもずいぶん簡単になったものだと驚いてしまいます。