イーヤマの32インチ13万円の液晶テレビ

イーヤマ32インチTV

 最近は液晶テレビのニュースが毎日のように流れていますね。今まではバイデザインのテレビが非常に安さを誇っていましたが、その後、ノジマ(いーでじ)が韓国のHYUNDAI(現代)社製液晶テレビを10万円を切る価格で販売し話題になり、そして次には、コードレス電話などで有名なユニデンが13万円弱の液晶カラーテレビを盛んにテレビコマーシャルで宣伝しています。


 そして今度は、イーヤマが32インチで13万円の液晶テレビを11月中旬から発売すると発表しました。イーヤマはパソコンのモニターをよく見かけたと思います。ディスプレイのブランドとしてはナナオほどではないものの、普及価格帯で高品質なモニターを販売していたと記憶しています。

 正確には価格は普通にお店で購入した場合には13万9800円で、同社の直販サイトで予約した場合に限り1万円安い12万9800円となるようです。愛称は「HELLO TV」、型番は、「PLC3200-S1」となります。

 記事からはデジタルチューナーが内蔵されているか否かは読み取れなかったのですが、この価格で付属していれば売り文句になるはずなので書いていないということは付属していないということでしょうか。インターフェースはD4端子やコンポジット端子、そして各種のメモリーカードスロットを装備して、メモリーカードについてはJPGといった静止画だけではなく、MPEG-1/2/4やDIVXといった各種のフォーマットにも対応しています。

 楽天市場を探してみると、業務用の製品しかありませんでした。

 今から購入するのであれば、ユニデンの32インチ液晶ディスプレイの方が魅力的かもしれません。配送および設置サービスまでついて、値段は12万9800円です。楽天市場にあるユニデンダイレクトで購入すれば1%のポイント還元もあります。12月15日の朝9時59分までに購入すればキャンペーンでポイント還元が10%になり更にお得です。

(2005.12.15追記)

 私自身も大画面テレビが欲しくて色々な商品を比較検討していたのですが、結局はSONYのKDF-42E1000というリアプロジェクション方式のテレビを購入しました。42インチ型でとても画面が大きくて値段も手頃です。本製品に関するレポートを「SONY KDF-42E1000のレポート」に公開しました。参考にどうぞ。

(2005.12.24追記)

 AMAZONでも32インチの格安液晶テレビが販売されていましたので紹介します。このクラスにしては珍しくD端子が2系統ついているのが特徴です。

(2006.2.4追記)

 HYUNDAIについてはHLT-3272という32インチの液晶テレビがノジマ系列で10万円程度で発売されていました。今度は同じHYUNDAIの別の機種、「HQL320WR」という型番の32インチ液晶テレビが98000円という低価格で販売されています。しかも、2月9日の朝9時59分までに購入すれば10%のポイント還元が得られます。ということはポイント還元分を差し引けば実質は9万円弱で32インチ液晶テレビが購入できることになります。

コメント

  1. 最安値 より:

    50型プラズマが 34万8千円

    バイデザインのアウトレット