楽天証券の株式売買でポイントが貯まる

東証

楽天証券では今までも友達の紹介などでポイントが貯まる仕組みはあったのですが、株式を売買したときの手数料に対してポイントが付与されるような仕組みはありませんでした。

それが、今度の10月24日から国内株式委託手数料の1%を「楽天証券ポイント」として還元させるようになります。また、同時に景品市場への楽天証券ポイント交換サービスは、同日をもって終了となるようです。

楽天証券のポイントプログラム

もともと、楽天証券の手数料は安いので、1回の取り引きで525円の手数料が徴収されたとしても、1%の還元ということは5ポイントにしかなりません。ちょっと少ないですが、還元されないよりはずっと良いので、有効に使いたいと思います。また、今までは楽天証券で手数料はどの程度の額になったかを簡単に知る方法は判らなかったのですが、今度はポイントを100倍すれば手数料の概算額になります。

ポイントプログラムの導入によって、できるだけ自分の証券会社で取り引きを増やしてもらう、いわゆる囲い込みが狙いかとは思いますが、どう楽天証券における口座数や取引件数、取引額が推移していくか気になるところです。

楽天証券では最近で大きなシステム故障も無いようなので、ぜひ信頼を回復できるよう頑張って欲しいと思っています。

【2017/08/14追記】

楽天スーパーポイントで投資信託購入

楽天証券ではポイントプログラムをさらに進化させて、楽天スーパーポイントを使った投資信託の購入ができるようになります。投資信託を現金で購入しようとすると、いつか元本割れをするかもしれないというリスクがあるのでハードルが高いですが、余った楽天スーパーポイントで購入するぶんにはハードルが低くてすみます。今まで投資に興味がなかった人も興味を持つ良いチャンスになるのではないかと思います。

コメント