楽天の株価

楽天

 昨日は楽天の決算(1月→9月期)発表がありました。

 9月末までの業績ということで、10月以降に勃発したTBSとの経営統合問題を織り込んでいない数字ではありますが、ずいぶん好調な決算だったと思います。

 楽天KC、楽天証券など金融部門が全体的に好調でした。また、楽天トラベルについては、手数料の値上げに起因して、業界の反発が起こっていましたが、その影響もあまり感じさせない伸びを示しているようです。楽天市場に出展しているお店の数も四半期で2125店舗増、売上高は53.9%増の81億円と絶好調という感じです。

 心配なのはTBSの株式を購入するために増やしてしまった有利子負債ですが、昨日の発表の中ではこの問題の解決が長引いたとしても、「金利負担よりも配当の方が大きい」のでまったく問題にならないと説明しています。

 これを受けて、今日の楽天の株価も、現時点で昨日に比べると2700円(3.64%)あげています。これだけ好調な決算であれば、もっと上げてもおかしくないような気がしますが、一方でTBSとの経営統合問題も抱えているので、一方的に「買い」というムードにならないのでしょう。あとは、TBSとの経営統合問題がどのように終結を迎えるかが、投資家から見ると一番の関心事になるかと思います。

コメント