日経平均株価が一時1万5000円台

東証

 今日は日経平均株価が一時15000円台をつけました。こんなに早い段階で1万5000円台になるとは思いませんでした。日経の夕刊を読んでいると、個人投資家の売買高シェアが53%に達しているということで、底堅さを感じさせます。

 また、その個人投資家の取り引きのうち8割以上はネット取引だそうです。この割合にも驚かされます。私自身、昼休みや異動の電車の中で携帯電話を使って取り引きをしましたが、チョロチョロといじっているだけ、株が買えたり売ることが出来たりするのは、便利な反面、その裏で大金が動いている事実を忘れてしまうところもあります。まさにマネーゲームのようです。今日は楽天の値段が一時期上がったので、指値で入れていた注文が約定していました。


 また、そろそろ株価が調整局面に入るかな?と思って、ここしばらく、積極的には買い注文を入れていなかったので、投資余力が増えていたのですが、この機会に黒田電気とオリエンタルランド、そしてライブドアを仕込んでおきました。

 黒田電気はそろそろ上昇局面に入ってくれるのではないか?という期待から、そしてオリエンタルランドは株主優待を狙っての投資です。ここ2年連続で、ディズニーリゾートの入場者数が減少しているという報道もあったので、ちょっとこの先の株価の推移に自信が無い部分もあるのですが、思い切って購入してみました。

 家に帰ると、千代田インテグレ、サイゼリヤ、コナミスポーツから配当と株主優待がいっぺんに届いていました。これで家族も喜んでくれるので、また投資資金を増やすときにも家族の理解を得られやすくなります。

 いつまで、この株高が続くか判らなくて、ちょっと過熱気味で怖いところもあります。引き続き、慎重さも忘れないようにして、取り引きを続けようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました