堀江社長らが逮捕 ライブドア株の動きは?

東証

 昨日、電車に乗っていると友人から携帯へメールへ入ってきました。堀江社長逮捕を知らせるメールでした。まさか、こんなに早く堀江社長が逮捕されるとは思ってもみませんでした。

 堀江社長の逮捕で真っ先に気になるのは株価が今後どのような推移をしていくかということですが、昨日の夜には東証がライブドア株を監理ポストに割り当てることも発表したため、今後も継続して売り優勢になることは間違えありません。監理ポストとは上場廃止基準に抵触する恐れがあることを投資家に知らせて投資家がこれに対応できるようにするために通常の取引ポストとは別に割り当てられるポストのことです。従って、東証としては従来よりもずっと上場廃止にする可能性が高いと考え始めたということになります。

 この今の状況だと堀江社長の容疑が無かったことでも明らかにならない限り、株価が回復することは無いようにも思われます。でも今のマスコミの騒ぎ方を見ると堀江社長の容疑は固まる方向でドンドン推移していくのでしょうか。まさに株は紙切れ同然になってしまう可能性が出てきたことになります。

 まだ私自身は株式の取引を始めてから1年もたっていませんが、まさかこのような株を自分が持つことになるとは思いませんでした。現在も成行で売り注文を出し続けていますが、当然ながら一向に約定する気配はありません。

 ライブドアには期待していた現在進行中の事業があります。「ライブドアワイヤレス」です。この事業は山手線内を皮切りに無線LANのアクセスポイントで通信できるエリアを絨毯のように敷き詰めていってどこでも屋外で無線LANサービスを提供できるようにしようという壮大な計画で、かなりアクセスポイントの設置は進んでいます。また、1ヶ月500円少しを払うだけで使用できるので、価格的にも非常に魅力的です。新しいブロードバンド通信のインフラになることは間違え無いと期待しています。今回の堀江社長の逮捕などで計画が頓挫することが無いようぜひ投資を続けていって欲しいと思っています。現在、ライブドアは他のIT企業とは違って事業の実体に乏しい会社だといった論調の報道もありますが、私はこのインフラ構築事業が一つの事業基盤になると思っていました。

 ライブドアの問題も警鐘を鳴らす目的でマスコミに取り上げてもらっても良いのですが、ヒューザーなどの耐震偽装問題についての明らかに話題に上りにくくなっているのは非常に困ります。マスコミにはライブドア問題の報道に終始することなく、耐震偽装などの国民生活に大きく影響のある問題も新しい事実をつかみ報道を続けて欲しいと思います。

ライブドア株の上場廃止が重要局面–監理ポストに割り当て – CNET Japan

コメント

  1. ロト6/ミニロト/ナンバーズ チャンネル <ロト6予想・宝くじニュース・当選番号> より:

    ライブドア堀江社長逮捕

     ライブドアの堀江社長が逮捕された。 別に逮捕自体に関しては特捜が入った時点から想定していたのでなんら驚きはない。 これからは、どのようにして立ち直ってい…

  2. 堀江社長逮捕

     ライブドアの堀江社長がついに逮捕された。 ライブドアの捜査には当初から「国策捜査」(by毎日新聞)との見方も出ていて、とある報道番組では「堀江社長の逮捕…

  3. 超だるログ より:

    ライブドアの堀江社長ら逮捕

    ライブドア:堀江社長ら逮捕 証取法違反容疑で東京地検 ライブドアの堀江社長ら逮捕…