Firefoxからブログへ投稿するためのプラグイン

firefox

 Firefox関連のエントリーが続きますが、今度はFirefoxから簡単にブログへ投稿できる拡張機能を見つけました。現在、この拡張機能を使用して記事を書いています。【Performancing for Firefox

 この拡張機能をインストールすると、まずはセッティングをします。Movabletypeにも対応していて、必要な設定をすればすぐに使えるようになります。【seesaaへの対応方法も見つけました】

 そしてfirefoxの右下にブログへの投稿用のボタンが追加されます。このボタンを押すことで、ブラウザの下半分に記事を記入するた めの画面が現れます。デフォルトで日本語の環境にも対応しているようで、特に日本語を記入していっても文字が化けることはありません。安心して使用するこ とができます。

 メニューなどが英語なのが残念ですが、そんなに困ることもないでしょう。また、このエディターは通常のMovableTypeの投稿画面と 比べると編集機能が強化されています。さすがに表組みまではできないようですが、箇条書きや文字の色、そして文字の大きさなどは簡単に指定することができ ます。

 また、非常に動作が機敏です。


 まるで、昔のテキストエディターを使って文字を入力しているような感じです。もしかすると、デフォ ルトのMovableTypeの投稿画面を使用している時よりもスムーズに文字の入力ができているかもしれません。

 更に、入力中の文章を一時保存する機能 もついています。saveしておけば誤って編集途中にfirefoxを落としてしまっても、またsaveした時点まで戻って編集を再開することができま す。これは正直、MovableTypeの投稿画面よりもむしろ安心して使用することができます。

 このプラグインを起動しているときも バックグラウンドにあるfirefoxの画面を使ってブラウジングすることができます。これならば、ブログに記事を記入しつつ、色々なサイトでネタを調べ るということを簡単に進めることができます。投稿画面については、ふつうにHTMLのタグが見えるモードとプレビューモードがあります。

  このプラグインに関して何か便利な使い方は無いのかな?とネットで情報を探してみました。最初は画面を見ている中ではトラックバックを飛ばす機能は無いと 思っていたのですが、投稿画面の上にあるPublishing Optionsというボタンを押すとトラックバックを飛ばすためのボタンが出てきました。

 また、一覧から過去記事を指定して、過去記事を編集することまで できてしまいます。この多機能さぶりには驚くばかりです。よく判らないのは、「追記」をどうやって記入すればよいかです。必ず、「追記」を記入するための 機能程度は内蔵されていると思うのですが、どこにその機能が隠されているのか、今のところまだ判っていません。もうちょっと探してみようと思います。

コメント