Livedoor Wirelessの今後の計画 ~変更無し

インターネット

wifi-logo

 昨年来、東京都の山手線内でLivedoor Wirelessのアクセスポイントの設置が行われています。現時点、既に1800箇所もの無線LANアクセスポイントを設置したとのことです。

 そして、3月末までには山手線内に2200箇所までアクセスポイントの数を広げます。さらに今年の9月ごろまでには東京23区内の主要鉄道沿線地区などに約4000箇所に無線LANアクセスポイントを設置する計画です。


 ライブドアは元社長の再逮捕、取締役の逮捕などで大きく揺れていて、このライブドアワイヤレスの計画にも大きく影響するものと思っていました。

 ライブドアワイヤレスそのものはどこでも無線LANで通信することができる、モバイル利用にとっては最強の通信インフラになる可能性を秘めているので、非常に期待しています。それが今後も計画通りに遂行されるということを聞いて、とても安心しました。

 1月末現在でライブドアワイヤレスの有料ユーザーは8000人になったそうです。毎月400万円の事業収入があるということですね。年間に直すと5000万円弱ということで、まだそんなに大きな収益基盤にはなっていないように見えます。現時点では1週間に200人ずつ程度、有料会員が増えているということですが、騒動がおさまって、ある程度のアクセスポイント数に達したら、大々的にキャンペーンを実施して有料会員の数を増やすのではないかと思います。

 私がよく無線LANを使うようなエリアでのサービス開始にはまだ時間がかかりそうなので、当分は様子見の状態が続きますが、引き続き、期待しながらサービスの行方を見ていきたいと思います。

(2006/03/18追記)

 ライブドアワイヤレスは今後の敷設計画を見直しとYozanとの契約解除に関する発表を行いました。

★livedoor Wireless スタッフブログ:第二次敷設計画見直しに伴うYOZANとの契約解除のお知らせ – livedoor Blog(ブログ)

 今後4000箇所に及ぶ第二次敷設計画に関しては大きな見直しが行われることになりそうです。やはりアクセスポイントの設置には資金がたくさん必要になるので、当初予定のままで進めることが難しくなったのでしょうか。期待していただけに非常に残念です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント