KDDIの訪問勧誘 詐欺?

KDDI-AU

 今日はDVDレコーダーに撮りためた番組を一気に消化しているときに突然「ピンポーン」と誰かが来ました。妻がインターホンで対応していたのですが、様子を見ていると、相手はKDDIの代理店だといいます。中肉中背の営業風のビジネスマンがトランクケースを持って外に立っています。

 一方的に、「NTTが民営化されて新しいお得なサービスが提供されているのにご案内が遅くなり、誠に申し訳ありません」などと、あたかも前から約束しているかのごとくことをインターホンで喋り続けています。あまりにも言っていることが怪しいので、妻の横から、「NTTのものだけど何か用事?、インターホンの内容は全部録画しているけど?」と急に喋ってみたら、そそくさと逃げるように離れていきました。(ちなみにNTTのものではないですが、ウソも方便と言うことで・・・)


 あまりにも怪しいので、ネットで情報を探してみると、一発で情報が見つかりました。固定電話の基本料は元来はNTTに支払っているものですが、曖昧な対応をすると、KDDIの契約に切り替えてしまうそうです。特別な契約行為などはしなくても、代理店がそのままウソをついて切換を実行してしまい、「加入ありがとうございました」という連絡が来て、そのまま工事実施となってしまうそうです。KDDIのサービスに切り替えると、特約店には何らかのリベートが貰えるのでしょう。

 今回の訪問勧誘がここまでひどいことをするのか否かは判りませんが、あまりにも言っていることが怪しかったので、私がいなかったら詐欺にあう可能性があったかもしれません。

 とはいっても、ひかり電話を使っているので、NTTに基本料は払っていません。このとき、もしこの話しに引っかかってしまうと、一体どうなってしまうのでしょう? 不思議です。

コメント