安価なDVD-RWメディアの恐怖 【CPRM】

pc

 デジタルチューナー内蔵の日立のDVDレコーダー(DV-DH160T)を購入し、BSデジタルを中心にして色々な番組を録画しています。購入するまでは色々なサイトを見ると日立のDVDレコーダーは非常に評判が悪かったのでかなり購入するのに勇気が必要だったのですが、実際に購入してみると、あっさりと動作してくれています。

 これならば、特に問題は感じません。そんなDVDレコーダーですが、最近になってハードディスクにかなりの番組がたまってきたので、DVDメディアに移すことにしました。デジタル放送で放送されている番組にはコピーワンス信号がたいていの場合には付いていますので、ハードディスクからDVD-Rメディアなどにコピーはできません。あくまでもムーブする形となります。

 ムーブというのは、ハードディスクの中に入っていた番組の情報消してDVDメディアに移動させることになります。


 このムーブをする中で怖いことが起こりました。デジタル放送を録画した番組をム-ブするためにはCPRMという規格に対応したDVDメディアを使用する必要があります。特に今回購入した日立のDV-DH160TではCPRMに対応したDVD-RWメディアしか対応していません。

 しかし、このDVD-RWメディアは国内品の価格が結構高いのです。これではあまり気軽に使うことができないので、外国産の格安DVD-RWメディアを購入してみました。HiDISCという会社の製品です。

 このメディア、今のところ3枚使いましたが相当調子が悪いです。1枚目はフォーマットすらできませんでした。フォーマットが出来ないという状態だとまだ救われます。2枚目はフォーマットもムーブも再生も全てがうまくできました。3枚目は最悪です。VRモードでフォーマットは無事に完了して、ムーブも始まりました。

 しかし、ムーブが途中で失敗しているようです。こうなると、DVDレコーダーのハードディスクの中に残っている番組は再生ができなくなってしまいました。ムーブを始めた瞬間に再生不可という状態に遷移させているように見えます。

 4枚目のメディアを出してきてVRモードでフォーマットを行い、再度、ムーブを実施しようとしてもうまくできませんでした。二重でムーブができないように何らかのガードがかかっているようです。DVD-Rメディアにふつうにコピーするのであれば、何度でも試すことが出来ますが、コピーワンスの番組をDVD-RWメディアに移すのは本当に厳しいことだということがよく判りました。安価なDVD-RWメディアを使用するのはやめておいた方が良いのかもしれません。とはいっても国内メーカーのDVD-RWメディアは高いので、簡単には使用するわけにもいきません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました