【閉店】吉祥寺「御殿山」お好み焼き・もんじゃに行った

今日は夕方に吉祥寺にあるお好み焼きのお店「御殿山」に行ってきました。場所は吉祥寺駅の南口、吉祥寺通り沿いになります。

ちょうど、吉祥寺駅から井の頭自然文化園に向かって歩いていく途中、焼き鳥の「いせや」総本店の並びになります。メニューを見ると意外と良心的な値段のようです。お好み焼きや焼きそばは500円台からあります。場所が一等地なのでもっと値段が高いのかな?と思っていました。

大人2人と幼児の組み合わせで行ったのですが、お好み焼きを2つと焼きそばで、結構お腹はいっぱいになりました。

お店はそんなに広くはないのですが、お店を入ってすぐのところに4名座れるテーブル席が二つ、そして奥には座敷、またカウンター席と、地下一階には20名まで入ることができる宴会場まであります。その中で一番窓側のテーブル席に座りました。道を歩いていく人が結構お店の中を見ているので、ちょっと恥ずかしいですが、特に気にしないで、お好み焼きの調理をすることにします。お好み焼きは大きめの器に入れられています。これを一生懸命にかき回して、油をひいて暖めておいた鉄板の上に流し込みます。油は醤油の容器の中に入っていました。最初は判りにくいかもしれません。


しばらくしたらひっくり返して、また焼いたらできあがりです。オタフクソースとマヨネーズ(?)を持ってきてくれているので、これらをかけて、あとは鰹節と青のりをかけてできあがりです。ボリュームがあってとてもおいしいです。

焼きそばの方も皿に山盛りになって運ばれてくるので、これを鉄板の上にひっくり返して、よく焼いて、粉末状の焼きそばのスープをかければ完成です。液体のソースではベチャッとしてしまうことを嫌って、粉末の焼きそばソースを準備しているのでしょうか。1人前の焼きそばに対して1袋のスープをかけたのですが、少々味が薄かったかも知れません。

このお好み焼きともんじゃのお店「御殿山」、また行きたいお店です。地図を掲載しておきます。

 

(2007/02/04追記)

昨日の土曜日にまた御殿山へ行ってきました。前回は道路よりの窓際の席に座ったのですが、こちらに先客があったので、奥の座敷、3つあるテーブルのうち真ん中のテーブルところに座りました。今回は大人二人と幼児一人の組み合わせで行ったのですが、お好み焼きを2つ、もんじゃ焼きを1つ、そして、焼きそばを一つという組み合わせにしました。お好み焼きは、「ネギ玉」と「ウインナー玉」、もんじゃは「いか」だったと思います。昨年に行ったときと同様に値段は安いにも関わらず、量は多かったです。今回、御殿山でもんじゃ焼きを食べたのは初めてでしたが、具も汁もたくさん入っていました。

もんじゃ焼きは数年前に月島で食べたことがあるので、そのときの記憶を頼りに作りました。まず、具だけをボールの中からうまくすくいだして、炒めます。そして、よい感じに炒められたら、丸く土手のように城壁を作ります。この土手の真ん中に汁を少しずつ入れていきます。すると徐々に汁が固まっていきます。土手を作ったからといっても、この土手からは少しずつ汁が周りににじみ出てきます。あまり広がり出すようであればコテで元に戻します。もんじゃ焼きはお好み焼きと違って、完全には固まりません。何となく、ドロドロ感が残った状態でOKです。これを小さなへらにつけて、鉄板にジュッと追いつけるようにしてから口に運ぶと香ばしくておいしいです。

今回もおなかいっぱい食べられて、大満足でした。

(2008/01/13追記)

今日、お店の前を通りかかったら、閉店のお知らせが出ていました。店主の人が高齢のため、2007年末をもって、お店を閉めてしまったようです。非常に残念です。

コメント