インターネットエキスプローラー(IE7)ベータ2日本語版リリースへ

ie7

 インターネットエクスプローラーのバージョン7、ベータ2は既に英語版は公開されていますが、ついで日本語版が公開されることになりました。日本時間で5月9日からダウンロードが可能になるそうです。

ITmedia News:IE 7 β2の日本語版が登場へ

 このβ2はWindows XP SP2、Windows Server 2003 SP1、Windows XP 64-bit Edition向けに公開されます。マイクロソフトでは、「プレビューでもプレビューのアップデートでもなく真のベータ2だ」と発表していますが、それだけソフトウエアとしての安定度が増しているということでしょうか。

 よく会社のパソコンにこの手のソフトウエアを導入してまわりに宣伝している人もいますが、基本的にベータ版のソフトウエアは業務用のパソコンには入れるべきではないでしょう。


 不具合があって業務に支障を来す恐れもありますし、サポートを受けることもできません。また、未知のセキュリティ面の問題がある可能性もあります。まずは、自宅のあくまでも個人用のパソコンで試してみるというのが良いのでしょう。私はこのブログを更新するのに使っているTHINKPAD X40にインストールをしてみようと思います。

 インターネットエクスプローラー7のベータ2日本語版が公開されました。下記のサイトからダウンロードをすることができます。

  Internet Explorer 7: 新機能のツアー

 実際にインストールをしてみると、まずは見た感じが大きく変わっています。ツールバーの付近がすっきりとしました。お気に入りは「★」印のアイコンが表示されています。お気に入りに追加はその隣に「+」のマークが付いています。その横に切り替え用のタブが並びます。その横に「ホーム」、「フィード」、「印刷」、「ページ」、「ツール」などが並びます。

 最上部には前のページ、次のページへ移るためのアイコン、URL表示領域、そして検索ボックスがあります。検索のデフォルトはグーグルになっていました。マイクロソフトのことなので、MSNがデフォルトになっていると思っていたのですが、グーグルが標準になっていたのは実に意外です。

 この検索ボックスで使用する検索システムは他のものを使うことも可能です。私はGoogleとYahoo!を登録しておこうと思います。

 ブログなどRSSが配信されているサイト上で「フィード」のアイコンを押してみると、フィードされている記事が整理されて出てきました。また、購読の対象として追加すると、購読しているサイトの一覧を表示させることでどこが更新されたかが一目瞭然で判ります。インターネットエクスプローラーとしてのブラウザの機能にうまくRSSリーダーの機能が組み合わされていると思います。

 一番心配なのがベータ2ということだったので安定性がどうなのかという問題です。FIREFOXではときどき異常終了することがあったのですが、インターネットエクスプローラー7では今のところは挙動がおかしいと感じる場面はありませんでした。通常に家で使用する分には何ら問題無さそうです。仕事に使うと車内のシステムなどを使用する上で問題が生じる可能性があるので、あくまでも家で使用することを前提に使っていこうと思います。

コメント

  1. インターネットエクスプローラー7のベータ版が登場

    IE7.0 久しぶりなバージョンアップ  非常に久しぶりなバージョンアップになり…

  2. インターネットエクスプローラー7のベータ版が登場

     非常に久しぶりなバージョンアップになりますが、マイクロソフトのインターネットエ…

タイトルとURLをコピーしました