JR東日本で新幹線と特急列車が全面禁煙

新幹線

 日経新聞の公式サイトを見ているとJR東日本の新幹線と特急列車が全車両禁煙になるという記事がありました。既にJR北海道やJR四国は特急列車は全面禁煙にしているそうです。

 JR東日本では2007年3月、つまり来年の3月をめどに、東北、上越、山形、秋田の各新幹線を全面禁煙にします。また特急列車も原則として全車両を禁煙にします。なぜ特急列車に限って、「原則として全車両を禁煙にする」という表現を使っているのかはよく判りません。もしかすると、一部の特急列車では喫煙席を設けることを検討しているのでしょうか。


 確かに新幹線などに乗ると、禁煙車は空気がとてもきれいなのに対して、喫煙車は煙がモウモウとしています。以前よりも酷くなったのではないでしょうか。

 煙草を我慢できないヘビースモーカーの人が喫煙車に集まるため、余計に凄いことになっているのでしょう。記事にあるとおり、禁煙車両へ煙が流入してくるケースが多々あるものと思います。

 禁煙している人にとってみれば良い話しだと思うのですが、喫煙する人にとってみれば、煙草を吸える場所がドンドン減ってきついのではないかと思うそんなニュースでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. ぷらら より:

    座席に関しては全車両禁煙、デッキに分煙された喫煙BOXを設けることがあるということでしょうかね?喫煙が悪とは言わないが、マナーがなってないのは事実。喫煙者は受動喫煙を認識し、それを踏まえて行動しなければならない。20歳未満の喫煙が禁じられている国で、20歳未満の子供の前で喫煙するのはいかがなものだろうか?子供の目線になるような高さに火がくることになる歩きタバコをするのはいかがなものか?子供だけじゃなく、すれ違ったときに相手に危害を加えたらどう責任とるか常に考えているのだろうか?

  2. フレッシュひたち より:

    前からJR東日本の特急列車は全面禁煙になることは聞いているが3時間も4時間も吸わないでいるのは愛煙家に取ってはかなり辛いと思う。乗車券のほかにも料金を払ってる訳だから一部だけでも喫煙車両を残すべきである。特に常磐線の特急列車は『煙草吸えるから特急券払っても乗ったほうが楽だ』と言う声も聞いてます。