AOLがネット接続無料化の検討

BLOG-MT-RING

 日経新聞の夕刊を読んでいると、アメリカオンライン(AOL)がネット接続の無料化を検討しているという記事がありました。

 AOLと言えば現在ではタイムワーナーが買収しているアメリカでも最大規模のプロバイダーだったはずです。現在はインターネット接続には月額25.9ドルを徴収しているというので、日本円にするとだいたい3000円弱、日本の大手プロバイダーと同じ程度の水準でしょうか。

 しかし米国内では他の通信事業者やCATV会社が高速ネット通信に関して安値合戦を繰り返しているため、AOLはずいぶん会員数が減ってきてしまっているようです。

 そこで、会員数の減少に歯止めをかけようと、ネット接続の無料化の検討に乗り出したということです。無料化したことに伴う収入源は広告で回収する方針だそうです。


 過去、日本でも無料のプロバイダーがいくつかあったと思います。ライブドアもそんなプロバイダの一つだったと思います。

 しかし、なかなか広告で料金を回収するというビジネスモデルは当時は難しかったようで、あまりどの会社も長続きしなかったのではないでしょうか。AOLがこの当時と似たようなビジネスモデルに再挑戦するのには、やはり余程の理由があるのでしょう。

 記事によれば、無料化はAOL以外にネット接続手段を持つ会員に限定するという文章もあるので、無料化の範囲はかなり限定的なものなのかもしれません。ちょっと、AOLの今後の動向には注意したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました