インターネットエクスプローラー7のβ3日本語版をインストール

sharp

 インターネットエクスプローラー7日本語版のβ3が公開されたという情報を見て、さっそくマイクロソフトのサイトにいってダウンロードしてみました。

 そのままインストールをしようとしたら、β2をアンインストールしなければいけないようです。コントロールパネルからアンインストールを指示してアンインストールが終わったところで1回の再起動、そしてβ3をインストールしたあとに1回の計2回の再起動が必要になり、少々煩わしかったです。


 実際にインストールして使ってみると、β2とβ3の間で、あまり製品の仕様としては機能が追加されたところは特に気がつきませんでした。バグフィックスなど安定性の向上がメインなのでしょうか。

 唯一、β3をインストールした直後にインターネットエクスプローラーを起動すると、フィッシング詐欺の検出機能を有効にするか否か等の設定画面が出てきて、そのあとにガイダンス画面がでてきたあたりが、気がついた中では一番大きな変更点かもしれません。

 もう少し色々使ってみて、何が変わったのか見ていきたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
インターネット
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント