グーグルアドワーズで無効クリックのレポートを追加

BLOG-MT-RING

 グーグルはアドワーズ公告のレポートで「無効なクリックのレポート」機能が追加されました。グーグルでは不正なクリックで公告の効果が失われてしまうことを防ぎ、広告主を守るために、不正なクリックを課金対象にしないようなフィルタリングを実施しています。

検索連動型広告 グーグル アドワーズ広告成功マニュアル
インプレス
小山 陽子(著)
発売日:2006-03-28
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:21457

 このフィルタリングがどのような条件で実施されているのかは、セキュリティ上の理由で開示されていません。確かにこのフィルタリングルールを公表してしまうと、そのルールを破られてしまうためかと思われます。


 今回の措置で、アドワーズ広告の広告主は、どの程度の不正クリックが発生しているのかがはっきりと判るようになりました。

 実際のところ、不正クリックと正当なクリックがどの程度の比率なのかは、私自身はアドワーズ広告を出したことがないので判りませんが、今回の対策により、グーグルに対する信頼感は増すのではないかと思います。

 一方でグーグルアドセンスの方は不正クリックの状況はレポートで判るようになったのか、管理画面を確認してみました。こちらには不正クリックのレポートが追加されていないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました