会社の中のSNS

 最近、身の回りにブログやSNSといったものがたくさん現れ始めました。プライベートではこのブログに書いていますが、会社の中でも最近になってSNSが出来て、招待を受けたので入ってみました。

 SNS自体、会社外では使ったことがなかったのですが、「なるほど・・・」という感じのシステムですね。ブログのようなものを閉じた世界で使うのかな?と最初は思っていたのですが、人と人とを繋げる為の色々な仕組みがあって感心するところも多いです。

 最初は、「同じ会社だったら別にメールでも電話でも何とでもなるんじゃないの?、社内のポータルサイトもあるし、これ以上の仕組みが出来ても仕方がないでしょ・・」とも思っていたのですが、普段、自分の職場の情報しか入ってこない環境にいると意外と新鮮なものです。

 同じ会社とはいえ、違う部署でバラバラのところで働いている仲間も多いので、おのおのの近況がクローズな環境で情報交換ができるというのも良いものかな?と最近は思い始めました。


 でも、社内のSNSで日記を勤務時間中に更新するのが良いのか、またどんな話題を書き込めば良いのかといったところはやはり難しいです。あんまり仕事の話しばかりでも堅くなってしまうし、かといってクダケタ話題ばっかり書いていると、「この人は本当に仕事をしているのか?」と思われてしまいそうな感じもします。何しろ、実名での参加が基本ですので、一発で誰かがわかってしまいます。

 とってもえらい、会社の役員クラスの人がSNSに書き込みをしているのを見ると、趣味の話題などを取り上げられているのですが、結構、高尚な趣味だったりするので、とても私にはそんなレベルの話題を書き込むことはできません。そんなこともあって、社内SNSについては、結構、この話題探しが難しいです。

SNS的仕事術 ソーシャル・ネットワーキングで働き方を変える!
ソフトバンククリエイティブ
鶴野 充茂(著)
発売日:2006-07-15
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:9967
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 「個人」で勝負する時代の参考書
おすすめ度4 試してみようと思える内容でした
おすすめ度4 おもしろい
おすすめ度4 SNSをやったことが無い
おすすめ度5 新たな時代の、自己実現=仕事のやりかたとは?

コメント