Amazonおまかせリンクの表示精度

インターネット

amazon

 AmazonではWEBサイト上のコンテンツにマッチした商品を自動的に選択肢表示する「Amazonおまかせリンク」のベータ提供をはじめています。このサービスはブログを使っているような場合には特に便利で、ブログのテンプレートに「おまかせリンク」のタグを貼り付けておけば、あとは個別記事単位にそのエントリーの内容に沿った商品が自動的に紹介されるようになります。

アマゾン、Webサイトの内容に連動して商品を表示する「Amazonおまかせリンク」ベータを開始 :: SEM R

 上手に使えばAmazonアソシエイトの売り上げアップにつながると思い、一回、自分のサイトにこの広告を貼り付けて全ページを再構築したことがあります


 ブログの再構築が終わったあとに、各ページに貼り付けられているバナーの中にどんな商品が紹介されているのか、色々確認してみました。なかにはマッチした商品を紹介しているページもあるのですが、どうもマッチしていない商品を紹介しているページが多数あります。

 最初はまだ学習していないので、単純に各ジャンル別のトップランキングの商品が紹介されますが、何回かそのページの再読込をやっているうちに、商品の内容が絞り込まれていくようです。しかし、この絞り込まれたあとでも、うまい具合に商品が選択されることは少ないように感じます。

 ブログの構成上、左右のカラムに色々なナビゲーションをするための情報やリンクが数多くありますが、どうもこの辺の情報にも影響を受けてしまっているようです。

 Amazonおまかせリンクの機能として、ここの行からここの行までの間に書かれている内容を参考に商品を選択して!という開始行、終了行を指定するタグが提供されればかなり解決されそうな気もします。

 他に日本語の文章の解析能力があと一歩というところもあるようです。一続きの日本語の文章をどこで切り分けるかにやって、そのブログで強調したいキーワードを読み取る能力に差が付いてきます。この辺の解析能力がAmazonのおまかせリンクでは洗練されていないような感じもします。

 まだ、Amazonおまかせリンクはベータ版のサービスなので、色々な改善の努力をしているものと思います。ページの内容にマッチした商品が紹介されるようになれば、非常に有効なサービスになるかと思うので、ぜひAMAZONには頑張って欲しいと思っています。

コメント