職場の異動とスケジュール管理&システム手帳購入

システム手帳

 先日、社内で組織間を異動しました。異動前の組織ではスケジュール管理にOUTLOOKの予定表を使用していました。このOUTLOOKの予定表はメールで会議案内を送付すると承諾するだけで即座に予定表に反映してくれる機能やPDAとの連係機能などがあり、非常に便利に使用していました。

 ところが新しい職場に行ってみると、全く違うタイプの独自のスケジュール管理ソフトを使用しています。このソフトはそれなりに軽くて良さそうなソフトではあるのですが、あくまでも予定表に完結しているので、メールで会議案内が来たらこのスケジュールソフトに反映する必要があったり、PDAとの連係機能が無かったりしてとても不便です。同じ会社の中で組織によってここまで文化の違いがあるのかと少々驚いてしまいました。


 特にPDAのシンクロ機能が無いのは本当に致命的です。今まではHP社のh2210というPDAを手帳がわりに使ってきたのですが、もうこのPDAを使うメリットが無くなってしまいました。仕方がないので、普段持ち歩くスケジュール管理については紙の世界に戻ろうと思っています。

 せっかくなので楽天市場で少し高級なシステム手帳を購入する方向で品定めをしています。色々興味深い商品があるので少々目移りしてしまいます。今のところは下記の商品が良いかなと思っています。

 値段は4000円弱ですが本革です。商品のレビューを見てもなかなか評判が良いので、買っても失敗は無いかなと思っています。もう少し、店頭でも商品を確認しながら一番あった商品を購入したいと思います。

(2006/10/09追記)

 なかなか通販では商品の質感などが判らないので、お店で実物を見てみることにしました。でも、システム手帳というのはどこで売っているのでしょう? 大きな文房具屋に行けば間違えなくあると思うのですが、近所に大きな文房具屋。がありません。そこで、大きな本屋に行ってみることにしました。

 東急百貨店の上の方に大きな紀伊國屋書店があったよな?と思いつつ記憶を辿って行ってみたのですが、昔はフロアー2/3程度使っていたと思われる紀伊國屋書店が売り場が縮小されてしまっていて、今やフロアーの1/5程度になってしまっていました。ちょっと残念に思いつつも、紀伊國屋書店の中の傍らにある文具コーナーに行ってみます。すると、確かにそこにはシステム手帳が各種取りそろえられていました。

 合皮やビニール製の2000円台以下の安い商品と、本革製の高めの商品のコーナーという感じで売り場が別れています。今回は長く使える物が欲しかったので高めのコーナーを見ていました。とはいっても、そんなに高い商品を購入するわけにもいかないので、レイメイ藤井という会社が販売している商品を購入しました。

 背広の内ポケットにも入れることができるポケットサイズの商品です。それなりに高級感があって良い感じの商品です。手帳の中をパラパラとめくってみると、1日のスケジュールを少し細かめに書くことができる様式が無かったので、「【リフィル】ポケットサイズフリーウィークリースケジュールA」をあわせて購入しました。

 さっそく明日から会社が始まるので、このシステム手帳を使い込んでいきたいと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント