北朝鮮が核実験を実施

黒電話

 今日は午前中から買い物に行っていて、さきほど家に帰ってきてからネットでニュースを見ていると、北朝鮮が核実験を実施したという報道が流れていました。

 毎日新聞の報道では韓国では地下核実験が原因と見られる地震波を計測しているので、地下核実験をしたことに間違えはないのだと思います。

韓国メディアは、同国国家情報院に入った情報として、北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンプクド)花台郡付近で午前10時35分ごろ、マグニチュード3.6規模の地震波を探知したと報じている。

 テレビではワイドショーなどで核実験の話しを取り上げていなかったのですが、もう私が帰ってきたころには取り上げ終わったあとだったのでしょう。今後、北朝鮮に対して何らかの制裁が加えられることになるかと思いますが、それがどのような形になるのか、これが火種で軍事的な動きに出なければいいのですが・・。

 それ以上に、今日の核実験により発生した放射能が日本に飛来するのではないかということが最も心配です。地下核実験を安全かつ成功裏に終わらせたと北朝鮮は発表していますが、放射能漏れが本当にないのでしょうか。朝日.comでは下記のように地下核実験の危険性を指摘しています。

asahi.com:北朝鮮核実験、地下坑道利用か 安全性に懸念も – 北朝鮮核問題特集
“ ただ、実験施設の設計や実験規模など安全性に対する懸念もある。地下核実験を約10年続けていた米国でも70年、大量の放射性物質放出事故を起こしたことがある。”
http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200610070292.html

 現在、日本を含む近隣の各国が様々な形で調査をしていると思いますが、これらの調査結果がどのようなものになるのか。しばらくは目が離せません。


 読売新聞の報道では日本政府は北朝鮮を強く非難するとともに首相官邸の危機管理センターに「鑑定対策室」を設置しています。朝日.comの報道によればまずは警察庁が対策室を設けて都道府県警に警戒を指示しています。

 北朝鮮による核実験実施の発表を受け、警察庁は9日午前11時半、外事課長を長とする対策室を設置した。各都道府県警に警戒警備の徹底と情報収集の強化を指示し、国内外の関係機関と連携して情報を収集している。

 安倍首相が韓国のソウルを訪問している今日をなぜ北朝鮮が選んだのかはよく判らないですが、引き続き報道には注意していた方が良いと思います。9月9日午後4時現在の各マスコミの報道では放射能漏れなどの深刻な事態は報道されていないようです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント