マクドナルドの景品がウイルス感染 回収

コンピューター

マクドナルド

 日本マクドナルドが景品として1万個配った中国製の携帯型の音楽プレーヤーがウイルスに感染していたそうです。携帯型の音楽プレーヤーにウイルスが感染するというのはどういうことなのか、最初は関係がよく判らなかったのですが、ASAHI.comの記事を読み進んでいくと、音楽プレーヤーをパソコンに接続すると、中国語のメモ帳が立ち上がったりウイルス検知メッセージが出るなどの症状が発生するようです。

 携帯型の音楽プレーヤーはUSB経由でパソコンに接続すると大容量ディスクとして認識される製品が多いですが、このディスクの中にウイルスが混入していたということなのでしょう。

 日本マクドナルドの公式サイトに行ってみると、トップページの上に大きく見出しが出ていて、ここをクリックすると消費者への告知がありました。

 これを読むと、ポータブルMP3プレーヤーが全数感染していたわけではなく、一部の景品にだけ感染していたようです。マクドナルドでは、一旦、全ての景品を回収して、後日、新品と交換するという対応をするようです。

キャンペーン賞品「MP3プレーヤー」の
ウイルス感染に関するお詫びとお願い

 ここのサイトではウイルスの除去方法も告知されています。

 マクドナルドとしては中国製のMP3プレーヤーを1万個、大量に入手して毛品として配るだけの意識だったのだとは思いますが、今回の事故ではマクドナルドというブランドイメージに大きく傷をつけてしまいました。

 今後、このようなキャンペーンをするときにはどうやって仕入れたMP3プレーヤーの品質を保証すれば良いのでしょうか。すぐにマクドナルドでは1万個を再生産して交換しなければいけません。このとき、また似たような事故が発生するとさらに問題を大きくするので、どういう形でチェックをするのか、興味があるところです。

コメント