プレイステーション3他デジタル家電の無線LAN化

PS3

 昨日分のアマゾンアソシエイトの売り上げをチェックしていると下記の商品が売れていました。アマゾンアソシエイトの売り上げを見ていると意外な商品が安く売られていることに気がつくことも多く重宝しています。この商品も値段が安くて良い感じです。

 最近、デジタル家電にもLAN端子が付属してくることが非常に多くなりました。薄型大画面テレビをはじめ東芝のDVDプレーヤー、ゲーム機ではプレイステーション3などに有線のLAN端子が付いていて、ここに家庭内ネットワークを接続することで、さらに有効にデジタル家電を使用することができるようになります。


 上記の機械、有線LANしか付いていないデジタル家電などを無線LANに収容するための装置です。デジタル家電を設置するのは居間、パソコンを置いてあるところは自分の部屋だったりして、有線LANのハブを置いている場所とデジタル家電が離れている場合が結構多いのではないでしょうか。

 このとき、有線LANのケーブルを部屋と部屋の間をはわせて接続しても良いのですが、とても格好が悪くなってしまいます。家族からもかなり不評が出ることは間違いありません。そんなとき、既に家庭内に無線LANが行き渡っていれば上記のような装置を購入することで、デジタル家電に無線LANで電波を飛ばすことができます。

 この商品を、売値が6000円を切っているのでとてもお得かと思います。アマゾンでは送料込み6000円以下で売っているので、こちらで購入した方がお得かもしれません。アマゾンへの商品リンクはこの記事の下の方に商品詳細説明付きで載せています。

 上記の製品は1台の有線LAN端子を持った機器を接続することができます。また、もしも将来、機器の種類が増えてしまったときにはハブを買い増すことで複数の商品を接続することができます。イーサネットコンバーターの中にはハブに接続しても1台の機器しか接続できない商品もあるので注意が必要です。もしも既に複数の機器を持っていてイーサネットコンバーターに収容したい場合には下記のような複数のRJ45端子が付いた商品を購入した方がハブを別途準備する必要がないため便利かと思います。

 私は無線LANに収容したい機器が複数あったので、上記のバッファロー、WLI-TX4-AMG54を購入しました。とても便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました