深大寺の「自然食しろやま」に行ってきました

深大寺

東京都調布市の深大寺にある自然食しろやまに行ってきました。前々から行ってみたかったのですが、なかなか行く機会が無かったのですが、11月15日からしばらくの間、休業してしまうという情報を入手したので、今日、時間を見計らって行ってきました。

この自然食しろやまは深大寺温泉ゆかりに併設された施設です。この、ゆかりの場所は意外と判りにくいところにあります。初めての場合は武蔵境駅や調布駅から運転されている送迎バスを利用した方が安心かもしれません。

ゆかり送迎バス
 

深大寺から見ると南側の坂を下ったところ、野川と中央高速がクロスする場所からほど近くです。

自然食しろやまに行くときにはゆかりの入り口の横から階段を上っていきます。結構きつい階段で、かなり上の方に食事をするところはあります。階段を上って振り返るとこんな感じです。

ゆかり周辺の自然

深大寺温泉ゆかり

階段を上っていくと、やっと食事ができるところに着きます。入り口はこんな感じです。

中に入ると、店員さんから人数を聞かれたあと、席に案内してもらいました。店内はそれなりに広く、テーブルがたくさんあります。13時頃に着いたのですが今日は半分くらいの席にお客さんがいました。ここの食事はバイキング制になっています。大人は1900円、子どもは1000円です。これで2時間、くつろぎながら食事をすることができます。バイキングの料理は下の写真のような感じで一列に並べられています。

深大寺温泉ゆかり食事処

また、もう一つ、料理が並べられているテーブルがあります。料理の種類は十分だと思います。ご飯だけでも、普通の白米のほか、玄米ご飯、黒米ご飯の三種類があります。スープ類は味噌汁とスープの2種類、あとはカレーもありました。自然食レストランということで料理はどれも健康志向のものばかりです。

その中で一番気に入ったのは豚肉の角煮です。これは他のブログでも絶賛されていたのでちょっと楽しみにしていたのですが、評判の通りにとても柔らかく煮込まれていて、おいしく食べることができました。角煮というと濃い味を連想するのですが、ここの角煮は少し薄味です。

深大寺温泉ゆかり 豚肉の角煮

ドリンク類は有機栽培のコーヒー豆を使ったホットコーヒー、ウコン茶、オレンジジュースなどがありました。

とてもおいしかったのですが、残念ながら「自然食しろやま」は11月15日から休業してしまいます。他のブログではもっと温泉の方に力を入れるという情報もありましたが、この自然食しろやまはどうなってしまうのでしょう。

自然食しろやまは休業

しろやまで会計をしたときに、深大寺温泉ゆかりの割引券をくれました。通常は大人は1650円かかるのですが、この割引券を貰えると、1000円になります。館内着やバスタオル、ハンドタオルもかしてくれるので手ぶらで大丈夫です。洗い場にはシャンプーなども常備されています。従って、深大寺温泉ゆかりと自然食しろやまを両方使うときには、先にしろやまへ行って、そのあとで深大寺温泉ゆかりに行った方が良いことになります。

深大寺温泉ゆかり入泉料

深大寺温泉 ゆかり のれん

ほかにカラスの行水券というのもあるのですが、こちらは館内に60分しかいることができません。また、館内着も借りられないので、ゆっくりしたい場合には1650円のコースの方がお勧めです。今日は深大寺温泉ゆかりは相当混んでいるだろうなとちょっと覚悟をしていったのですが、私たちが入館した14時過ぎの時間帯は驚くほど館内がすいていました。いつも混んでいる洗い場でさえ空きがあったので、すぐに子どもと一緒に身体を洗ってしまいました。

ここの温泉の特長はお湯の色です。黒褐色です。透明度がかなり低くて、水の中はほとんど見えません。お風呂に入るときには下がどうなっているのか判らないので、足で探りながら入るような感じになります。外の露天風呂に入るときはお風呂の中がどんな風になっているのか全く想像がつかないので、かなりお風呂へ入るときには慎重になります。お風呂にしばらく入っていると、肌がスベスベしてきます。このお風呂、アルカリ性なのでしょうか。泉質や効能は下記のように表示されていました。

泉  質 :ナトリウム-塩化物温泉(等張性・弱アルカリ性温泉)
適 応 症 :神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病。

この深大寺温泉ゆかりはそんなに館内が広くありません。2階の休憩所は大抵の場合は人でいっぱいになっています。この休憩所は畳敷きで、場所さえ確保できればかなりくつろぐことができるかと思いますが、すいていると思った今日でさえ、空いている場所はありませんでした。お客さんがたくさん来るので、この休憩所はもちろんのこと椅子という椅子に人が座ってしまって館内が混むと休むところさえ無くなってしまいます。雨が降っていなければ、「お庭のごちそうや」で何かを買って、庭のテーブルでくつろぐのが一番良いかもしれません。

17時前に帰ったのですが、この頃になるとかなり館内が混み始めました。洗い場の前には順番を待つ人で行列ができてしまっていました。可能であれば拡張工事ができるとかなり良い施設になると思うのですが、まわりは住宅街なので少し難しいのでしょうか。

Yahoo!ブログ – 人と接するの、めんどくさい
★Yahoo!ブログ – momo の気まぐれサラダ
★調布 深大寺温泉ゆかり メグの山と文 別館/ウェブリブログ
Yahoo!ブログ – 湯らり気ままに~
★Yahoo!ブログ – りんりん日記
Yahoo!ブログ – 休日の過ごし方

【2013/09/15追記】

残念ながら自然食しろやまは、平成17年から休業しています。

☆自然食 しろやま

【2021年9月2日追記】

深大寺温泉ゆかりは名前が変わって、現在は「深大寺天然温泉 湯守の里」として営業を続けています。公式サイトはこちらです。

深大寺天然温泉「湯守の里」
東京都調布市の深大寺天然温泉「湯守の里」は武蔵野の自然の面影を残した天然温泉です。老若男女問わず、様々な方に楽しんで頂けるよう、充実した設備とサービスを取り揃えております。

東京都調布市深大寺元町2-12-2
【営業時間】10:00~20:00
【休館日】 年中無休 ※ただしメンテナンスで臨時休業あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました