【閉店】三鷹(みたか)温泉 鷹場の湯が値下げ

東八道路

数日前の新聞チラシを見ていると、みたか温泉「鷹場の湯」のチラシが入っていました。この温泉、開店してからかなりの月日がたちましたが、まだ1回も行ったことがありません。最大のネックは値段の高さでした。

鷹場の湯の値下げ

そんな鷹場の湯で料金の値下げが発表されていました。12月15日より下記の料金体系になるそうです。岩盤浴は入館料の他に500円かかります。

12月15日(金)より新料金スタート!
新料金(館内着、タオルセット付/入湯税、消費税込み)
入館料 大人(中学生以上) 1800円
※特定日 1950円
こども(4歳~小学生) 950円
岩盤いやしセット(月~土) 2200円
ナイトスパ(月~土) 1500円
※21時以降ご入館の方
※タオルセットのみ
シルバーデー(月曜日) 1600円
※60歳以上/要身分証明書
レディースデー(金曜日) 1800円
会員 1560円
※年会費3000円
会員岩盤いやしセット 1950円

これならば、かなり安くなって利用しやすくなった感があります。この価格が半年前に発表されていればかなりリーズナブルだったと思うのですが、今となってはまだまだという感じがします。


というのも、花小金井に出来たお風呂の王様に最近行ってみたところあまりにも良かったためです。

記事 → ★ お風呂の王様 花小金井店

こちらの料金体系は下記のとおりです。
会員 一般
平日 大人(中学生以上) 750円 800円
小学生  400円
幼児 300円
3歳未満 無料
土・日・祝祭日 大人(中学生以上) 950円 1000円
小学生 500円
幼児 400円
3歳未満 無料

この価格で天然温泉があるので、かなり衝撃的な値段ではないでしょうか。この花小金井店は11月28日にオープンしています。岩盤浴は鷹場の湯と同様に別料金になるのですが、お風呂の王様の方は岩盤浴の入浴に時間制限がありません。こちらの価格を先に見てしまっているために、今回の鷹場の湯の料金値下げの発表は少し色あせてしまった感がありました。

新聞チラシを見ると、鷹場の湯は休憩スペースはとても広く、液晶テレビ付きのリクライニングチェアがあったりして、ゆったりできそうな感じはあります。様子を見つつ、行ってみたいと思います。

【2012/11/11追記】

鷹場の湯はその後、経営主体が変わって、新鷹の湯という名前で営業をしていました。しかし、この新鷹の湯も長続きをせず、現在では完全に閉店しています。建物自体も現在では取り壊されてしまいました。

コメント

  1. 三鷹の鷹場の湯が5月27日で閉館するらしい

     温泉ニュースBlogというところを読んでいると、三鷹にある「鷹場の湯」という温泉施設が5月30日(→5月27日に前倒し閉館)で閉店することが伝えられてい…