新宿の東京麺通団に行った

グルメ・ランチ・美味しいもの

 今日は新宿で飲んだ後に上司に誘われて東京麺通団というところに行きました。新宿駅の西口から小滝橋通りを大久保方面へ歩いていって路地を曲がったところにあります。この記事の下の方に地図を掲載しておきます。

 ラーメン屋さんかと思っていたら、讃岐うどんのお店でした。人気のお店らしく、お店の外まで列ができています。夜10時を過ぎているというのに驚いてしまいます。

 今回は初めてということで、薦められるままに「釜揚げうどん」を食べました。小盛で340円です。釜揚げうどんはゆであがるまでに少々時間がかかります。カウンターの前にある椅子で5分程度待ったところで、釜揚げうどんができあがりました。

 そのままお店の奥に歩いていくと、天ぷらやおにぎりが置いてあるコーナーになります。飲んだあとだったので、お腹はいっぱいだったのですが、やはり何かを取らないといけないムードに負けて、今回はかき揚げを一つとりました。そのまま列が進むがままにレジまで向かいます。

 レジは1台しかないようでここでも待ち行列ができています。ここでも数分待って会計を済ませて席に向かいます。システムとしては、はなまるうどんと一緒のようです。


 席についてから食べてみると、せっかくの釜揚げうどんが、コシもなく、何だか柔らかいような感じがします。釜揚げうどんを受け取ったあとにレジが終わるまでに時間がかかってしまったため、ちょっと麺が伸びてしまったのかもしれません。残念です。

 一緒に買ったかき揚げの方は衣がサクサクとしておいしかったです。レジまで長い列が出来ているときには、釜揚げうどんよりも、冷たいうどんを頼んだ方が良かったのかもしれません。場所は下記の地図のとおりです。


大きな地図で見る

【2014/04/07追記】

久しぶりに新宿の麺通団に行ってきました。今回は「めんたま(小)」というメニューを注文しました。この「めんたま」ですが、「明太釜たまうどん」の略で、麺通団オリジナルのトッピングです。モチモチの釜揚げうどん明太子のツブツブ、そしてバターのコクがマッチした、ちょっとイタリア風のうどんで、こんな組み合わせもあったのかと驚かされる逸品です。釜揚げうどんなので、できあがりには10分ほどの時間が必要です。そして、こちらができあがった「めんたま(小)」です。

めんたま(小)とかき揚げ

めんたま(小)

今回が食べるのは2回目だったのですが、前回同様に美味しかったです。

コメント

  1. 映画「UDON」を見た

     昨日、近所のDVDレンタルショップのゲオに行ってみたら、UDONのDVDが1枚…

  2. 吉祥寺麺通団に行った

     今日は吉祥寺で昼ご飯を食べることになったので、吉祥寺の麺通団に行ってみることにしました。吉祥寺麺通団の公式サイトはこちら(:::吉祥寺麺通団:::)です…