映画 トリック劇場版2を見た

トリックアート

 昨年の12月15日にDVDが発売されたトリック劇場版2ですが、なかなかレンタルDVDショップで借りられずにいました。

 かなり人気があるようで、いつもレンタルのコーナーには空になったケースしか置かれていません。今日は土曜日なので、人気作品の競争率は高い日ではありますが、買い物のついでにTSUTAYAとゲオをのぞいてみると、ゲオで一つだけDVDが残っていたので借りてきました。ラッキーでした。

 このトリック2、2006年の6月10日に劇場公開された作品で当時はテレビでもコマーシャルが頻繁に流され結構話題になっていました。


 映画はマジックショーのシーンから始まります。仲間由紀恵が演じる山田奈緒子はそのマジックの助手、瞬間移動のトリックの際、走って移動している最中に阿部寛が演じる上田次郎に邪魔をされて、瞬間移動は失敗、そして山田奈緒子は職を失ってしまいます。

 そこへまた上田次郎が現れて、関東の沖合にある筐神島までゴムボートに乗ってでかけるところから物語はスタートします。

 相変わらず、ストーリーはばかばかしいシーンがいっぱい織り交ぜられて、見ていて飽きません。色々なパロディシーンも満載です。

 この映画、終わりまで見続けると、「よろしくね」という言葉がそのまま耳に残ります・・。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
映画・音楽
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント