大戸屋でトロあじの開き定食を食べた

 今日の夕飯は大戸屋で大きなアジの干物を食べました。最近はどうも動物性の食事が多かったので、身体が魚料理を欲しがっていました。こんなとき、大戸屋であれば魚料理も必ず何品かがメニューに入っているので安心です。

 今日食べたアジの干物については、とても大きくて脂分もかなり残っているおいしいアジでした。なかなかスーパーマーケットではあのようなアジにめぐり合うことがありません。かなり良い素材を使っているのでしょうか。ほかに小鉢や大根おろし、そして味噌汁、ご飯がついて、700円程度です。分量もたくさんでたいへんに満足できるメニューでした。

fish_10.jpg


 少し前に大戸屋のメニューが変わってしまったのですが、それまであったスープカレーもとてもおいしかったです。これもお勧めの一品だったのですがメニューの改変でなくなってしまいとても残念です。また、スープカレーも復活してくれればと願っています。

 ずっと昔、高田馬場にあった大戸屋は本当に定食屋という感じで安いお店でした。そのうち、吉祥寺などに進出していくうちに、どちらかというとインテリヤなどにもこり始めて明るい感じのお店の中に入りやすい定食屋になりました。素晴らしいイメージチェンジだと思います。

 どこかで聞いたのですが、大戸屋は道路から店内が見えてしまうような1階には店舗をつらない方針だそうです。1階はどうしても外から見られてしまうので、一人でゆっくり食事をする女性などに敬遠されてしまうのだそうです。確かに大戸屋は2階にあることが多いような感じがします。今日行った大戸屋はビルの地下1階にありました。地下一階であるにもかかわらず、明るい感じであることには違いはありません。

 大戸屋も店舗によっては前払い食券制のお店もありますし、後払いのお店もあります。どういう基準で選んでいるのかは判りませんが、今日行ったお店は後払い制のお店でした。大戸屋共通のポイントカードというものがあり、定食を食べるたびに一つずつスタンプを貰うことができます。このスタンプが15個たまると、好きな定食と取り替えてもらうことができます。ちょっとせこい話しではありますが、このときは一番高い定食を頼んでやろうと今から虎視眈々と狙っています。

コメント