WindowsのUPDATEをさぼると何が起こるか?

コンピューター

windows vista

 はてなブックマークでおもしろい話題はないかと探していると、「Googleを打ち間違えただけで起こる悲劇」という記事がありました。下記の記事です。

秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: “Google”を打ち間違えただけで起こる悲劇

 いったい、何が起こるのか興味があったので、この記事のサイトへ行ってみると、Youtubeの動画が掲載されていました。この動画を再生すると、おもむろに電源ボタンが押されてパソコンが起動し、やがてWindowsが立ち上がります。

 そして、検索ボックスからGoogle.ocmと入れようとしたところ、goggle.comと入れてしまい、そこから悲劇がスタートします。数々のブラウザ画面がどんどんポップアップして、「×」マークを押してウインドウをクローズしようと思っても、とても増殖のスピードに追いつきません。そして、ms-dosプロンプトが自動的に何かのプログラムに起動がかかってしまいます。

 その後、ウイルスチェッカーが動作して、数々の警告が出てきて、やがてパソコンはダウンしてしまいます。


 これはWindows Updateをしていなかったり、いくつかの悪条件が重なったときの映像のようですが、やはりソフトのセキュリティホールについては出来るだけ早い段階でつぶしておいた方が良いということをつくづく感じる映像です。Windows UPDATEを適用すると、アップデートそのものに時間がかかったり、アップデートが終わったあとに再起動を要求されて面倒くさかったりすることもありますが、できるだけ早めに差分を適用しておいた方が良いと思います。

 本当はやってはいけないことだとは思ったのですが、もう再インストールやむなしという覚悟で、セキュリティ対策を実施済みのパソコンを使って上記のサイトにアクセスをしてみました。IEでアクセスするのは怖かったので、今回はFIREFOXでアクセスしてみます。まずサイトにアクセスをすると、ポップアップブロッカーが働いて、自動的にウインドウがポップアップするのを防いでくれました。

 続いて画面には「You have won a $250 Target Gift Card!」というダイアログが揺れています。そしてOKボタンが出ているのですが、このOKボタンは怖くて押すことができませんでした。そして、そのまま何か大きなコンテンツをダウンロードしているようです。暫く時間が経過すると、英語で音声が流れてきました。背景では軽快な音楽が流れています。もちろん、私には何を言っているのか、サッパリと判りません。

 画面にはIDを登録するためのフォームがありますが、これ自体も何かの罠であるような気がしてなりません。そんなことで、一通り、このサイトの内容を見たあと、そのままブラウザの画面は閉じてしまいました。そのあと、ウイルスチェックプログラムで全スキャンを実施しましたが特に何も被害は無かったようです。ウイルスチェッカーのパターンファイルを最新版にして、もう一度チェックしておこうと思います。

 見るからに怪しい雰囲気のするサイトなので、やはりアクセスはしない方が良さそうです。

コメント